ドゥカティ、「1299パニガーレRファイナル・エディション」の最後の一台が出荷

ドゥカティは、極めてエクスクルーシブな「1299パニガーレRファイナル・エディション」の最後の一台を出荷したと発表した。

ファイナル・エディションは、スーパーバイク世界選手権で数多くの勝利に輝き、ドゥカティの歴史にその名を残すエンジンに敬意を表して製作されたモデルで、排気量と同じ1,299台の限定生産。
生産されたすべてのバイクには、ドゥカティ製L型2気筒エンジンのマイルストーンとして、さらに価値を高める証明書が付属する。

【関連ニュース】
【新車】ドゥカティ、伝説的L型2気筒エンジンの偉業を称えるモデル「1299パニガーレRファイナルエディション」を発表

以下リリースより

1299パニガーレRファイナル・エディション

芸術作品とも言うべきこのモデルは、比類なきテクノロジー、パフォーマンス、デザインを備えています。
1299パニガーレRファイナル・エディションは、ユーロ4規制に適合した、公道走行可能なモデルです。1299スーパーレッジェーラのエンジンから派生したスーパークアドロ・エンジンのファイナル・エディションは、209PS*/11,000rpmの最高出力と14.5kgm/9,000rpmの最大トルクを発生します。
このエンジンには、より大型のクランク・ピンとタングステン・バランシング・ウェイトを採用することにより軽量化されたクランクシャフトが装着される一方で、コンロッドは、インテーク/エグゾースト・バルブと同様にチタニウム製です。
スーパーバイク用エンジンの116mm径ピストンは、2本ピストンリング・タイプとなっており、シリンダー・ライナーはスチール製です。

ドゥカティ・コルセによって開発された超コンパクトなモノコック構造は、エアボックスを一体化することで、1299パニガーレRファイナル・エディションの乾燥重量をわずか179kgに抑えることに成功しています。シャシには、オーリンズ製のメカニカル・サスペンションが組み合わされ、キャスター角は24°に設定されています。

さらに、今シーズンまでスーパーバイク世界選手権に参戦していたパニガーレRとまったく同じ仕様の、ハイポジション・デュアル・サイレンサー付きアクラポヴィッチ製コンプリート・オールチタニウム・エグゾースト(ユーロ4規制に適合)を装着しています。

エレクトロニクス・パッケージは、ボッシュ製慣性測定ユニット(IMU)に加え、ABSコーナリング、ドゥカティ・ウィリー・コントロール(DWC)EVO、ドゥカティ・トラクション・コントロール(DTC)EVO、エンジンブレーキ・コントロール(EBC)を搭載しています。
これらのシステムは、選択されたライディング・モード(レース、スポーツ、ウェット)に合わせた設定がプリセットされていますが、ライダーの好みや周囲の状況に合わせて変更することも可能です。

最先端のテクニカル・コンポーネント、イタリア国旗を模したトリコローレ・カラーを組み合わせた1299パニガーレRファイナル・エディションは、ドゥカティL型2気筒エンジンの数多くの熱狂的なファンの間で語り継がれる存在となるでしょう。

* 出力/トルク値は、型式認証規則に従い、エンジン・ダイナモメーターを使用して測定したもので、車両登録証に記載された型式認証データと一致しています。

情報提供元 [ Ducati ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハのフラッグシップLMW・ナイケン。これまでヤングマシンで行ってきた徹底テストでその…
  2. 流行するネオクラシックの中でも「軽量&扱いやすいモデル」として人気を集める、日本とイタリアの…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット トライアンフは、2月16日(土)より 3月10日(日)…
  4. 車検レスの軽量スポーツ刀は、250㏄としては大柄だったものの、親しみやすさはシリーズ随一だ。…
ページ上部へ戻る