【新製品】STRIKER、Z900RS用セパレートハンドルキットを発売

2018年東京モーターサイクルショーにてカスタム車を展示して以来多くの反響を呼んだ、Z900RS用セパレートハンドルが遂に登場した。

バイクに跨った際に一番最初に目に入るハンドル周りを大胆にセパレートハンドル化。純正のトップブリッジではバーハンドル取付部の穴が気になる為、トップブリッジも削り出しで製作されている。

車体とのマッチング、しっかりとした剛性、安心して荷重がかけれる作り。街乗りやツーリングでの走行を視野に開発され、高級感と操作性が追求された製品だ。

【Webikeショッピング】
Z900RS用セパハンキット 商品ページ

Z900RS用セパレートハンドルキット

メーカー希望小売価格:103,680~109,080(税込)

【Webikeショッピング】
Z900RS用セパハンキット 商品ページ

製品情報

ポジションは、 セパレートハンドルの持つレーシーな雰囲気をそのままに、ハンドル垂れ角がほぼないストリートを意識した設定となっているため、ツーリングや街乗りでの手首の疲れも少なく、乗りやすい仕様。ストリートポジションは垂れ角がほぼ0°に近いポジションで疲れにくい設定で、Hi(標準)/Lowの2段階の選択が可能だ。

レーシングポジションは、 垂れ角を5°とし、しっかりとしたレーシングポジションを実現。こちらもHi/Low の2段階の選択が可能。4段階のポジションチェンジができ、街乗りやツーリングからサーキット走行、レースまで幅広く対応する。

ハンドルストッパー機能を搭載し、ハンドルをフルで切った時にタンクと手を挟まないギリギリのラインをキープする事が可能。ハンドルの開き角度は自由度があり、ツーリングや街乗りの時はハンドルストッパー機能を働かせた状態で使用し、サーキット走行時などもっと絞りが欲しい時はギリギリまで絞り込みが出来る。

セパレートハンドルはブラックの1色設定。トップブリッジのカラーは、定番の【ブラック】に加え、 火の玉カラーの車体に調和し高級感溢れる【ブラウン】の2色設定となっている。

他には無いカスタムを可能にする G-STRIKER セパレートハンドルキットは、ワンランクアップしたハンドル周りを実現するスペシャルパーツだ。

【スペック】

■材質

ジュラルミンA2017材

■色

・トップブリッジ:ブラック/ブラウン
・ハンドル:ブラック
・ステムナット:ハードアルマイト

■ハンドルポジション

4ポジション
・ストリート Hi(STD)
・ストリート Low
・レーシング Hi
・レーシング Low

■ハンドルバー

・全長:280mm
・内径:16mm
・垂れ角
ストリート:ほぼ0°
レーシング:5°
開き角/高さ:自由

■ハンドルロック

■ハンドルストッパー機能

■ブレーキ/クラッチ

純正ブレーキマスター、クラッチホルダー対応、ブレンボ RCSブレーキ確認済み。

※ポジションによりオイルタンク、クラッチワイヤーがメーターカバーに干渉する恐れがあります。
※ブレーキホースは社外品への変更又は取り回し変更が必要となります。
ワイヤー類 アクセルワイヤー、クラッチワイヤー共に、取り回し変更が必要となります。

【Webikeショッピング】
Z900RS用セパハンキット 商品ページ

情報提供元 [ STRIKER ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
ページ上部へ戻る