ビギナー向けのサーキット祭り!ケニー佐川のライディングスクールが12/16にトミンモーターランドで開催

Webike特別企画!自然に上達できる好評イベント

Webikeニュース編集長としてもお馴染み、ケニー佐川が教えるライディングスクールが、12月16日(日)に茨城県・トミンモーターランドで開催される。

このスクールはWebike特別企画。最初は簡単なことからトライしていき、ノウハウを次々に加えていきながらトレーニングをすることにより、誰でも自然に上達できるという好評イベント。そして遂に、今年からビギナー向けのサーキットスクールがスタートした。

サーキット走行が初めての人や、まだ慣れていない人にスポットを当てた優しくて安全な内容で、楽しくサーキットの走り方やヒザすりが学べる内容となっている。

また、ある程度慣れている人にとってもアドバイス付きのフリー走行コースも設定。様々な人が1日とことん楽しめる。

→お申込みフォームへ

ビギナー向けコース

「サーキットは一度も行った事無い」
「体験走行はしてみたけどどうもハングオフフォームが決まらない」
「一度ヒザすりもやってみたい!」

という方々向けのスクール形式の走行会です。

午前中はサーキットのルールやハングオフフォームをしっかり習得し、午後は実際にミニバイクを使ってヒザすりにもチャレンジしていただきます。

ミニバイクを使用したヒザすりトレーニングは、なんとヒザすり達成率が100%。その後、ミニサーキットコースの本走行も楽しんでいただくという盛り沢山の内容です。

開催日時

2018年12月16日(日)9時集合・16時30分解散

開催場所

茨城県・「トミンモーターランド」

集合日時・場所

2018年12月16日(日)9時・土浦市内
※詳細につきましては、お申し込み後、受講案内メールにてお伝えいたします。

参加費

19,800円
※ビギナー向けコースをご希望の方は、お申込みフォームの【通信欄(備考など)】に「ビギナー向けコース」を記載ください。

注意事項

本スクールに御参加される方は、バンクセンサー付革ツナギもしくは、バンクセンサー付革パンツでの御参加が条件となります。

→レーシングスーツ・革つなぎの購入はこちら

→お申込みフォームへ

サーキット経験者コース

午後からのアドバイス付きフリー走行を楽しんでいただきます。プロインストラクターからサーキット走行のキモについて様々なアドバイスをもらいながらよりカッコよく速い走りを目指しましょう!

開催日時

2018年12月16日(日)12時集合・16時30分解散

開催場所

茨城県・「トミンモーターランド」

集合日時・場所

2018年12月16日(日)12時・トミンモーターランド
※詳細につきましては、お申し込み後、受講案内メールにてお伝えいたします。

参加費

12,800円 20分×4回走行
※サーキット経験者コースをご希望の方は、お申込みフォームの【通信欄(備考など)】に「サーキット経験者コース」を記載ください。

注意事項

本スクールに御参加される方は、バンクセンサー付革ツナギもしくは、バンクセンサー付革パンツでの御参加が条件となります。

→レーシングスーツ・革つなぎの購入はこちら

→お申込みフォームへ

マフラーに関するレギュレーション

最近、各講習会場における「バイク騒音に対する近隣からのクレーム」が増えています。その結果、ある会場の利用が不可となってしまいました。

今後、スクールの運営を円滑に行っていくため、「Webikeみんなのスクール」に参加される皆さまのマフラーに関しては、下記のようなレギュレーションを定めることにいたしました。

●基本的にノーマルマフラーが「参加必須条件」となります。
●現在「車検対応(JMCA認定等)リプレイスマフラー」を装着の方は移行措置として、必ずバッフルを装着ください。

★ノーマルあるいは、車検対応品かつバッフル装着されていても、車種により騒音クレームの対象になりそうな場合は、運営側の判断により回転数を落として走行して頂く、そして次回以降のその車両での御参加を不許可とさせて頂く、などの措置を実施させて頂きます。

最近はサーキットなどですら騒音については年々シビアになってきており、サーキット自体も運営の存続を危ぶまれている状況です。ご参加される皆さまにはご理解いただきますようお願い申し上げます。

→お申込みフォームへ

→これまでの開催レポートはこちら

情報提供元 [ Webike ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る