コネクテッド対応のMT-09トレーサー(TRACER)が展示

ホンダ、ヤマハ、BMWが中心になって2015年に創設された「コネクテッド・モーターサイクル・コンソーシアム」が、2018年10月のインターモトショーに出展。ヤマハの開発用MT-09トレーサーが展示された。

【基礎知識】車車間通信で全て先読み

ライダーの交通事故を抑止する基本機能として、現実的でもっとも効果が期待できるのが車車間通信だ。これから自車の進行方向上に現れるであろう、走行中、停車中の車両と通信を行い、お互いの進行方向やスピードなどをやり取りすることで、ライダーにほかの車両の存在を知らせてくれるというもの。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハのフラッグシップLMW・ナイケン。これまでヤングマシンで行ってきた徹底テストでその…
  2. 流行するネオクラシックの中でも「軽量&扱いやすいモデル」として人気を集める、日本とイタリアの…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット トライアンフは、2月16日(土)より 3月10日(日)…
  4. 車検レスの軽量スポーツ刀は、250㏄としては大柄だったものの、親しみやすさはシリーズ随一だ。…
ページ上部へ戻る