カワサキNinja(ニンジャ)ヒストリー 1984~2014

2018年のインターモトショーで新型KATANA(カタナ)が話題となっているが、初代GSX1100S KATANAの2年後に登場するのがこの1984年型GPZ900R。北米では初めてNinjaの名を冠した記念すべきモデルと主要な一族の歴史を振り返ってみたい。

Z1を継ぐ「マジック9」、水冷時代にNINJA降臨

Ninja─それはZと並んでカワサキを象徴するブランドネームだ。’80年代前半、時代が空冷から水冷へと変わっていく中、カワサキでも新たなマシンが求められ、”10年後のZ”を合言葉に初代Ninja・GPZ900Rを開発。圧倒的な動力性能で世界を席巻したインパクトは大きく、その後スポーツバイクの代名詞となったNinjaの名を持つマシンが数多く登場した。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  2. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  3. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
  4. ドレミコレクションから、Z900RS用ローハンドルバー「Dコンチハンドル」が登場した。 ス…
ページ上部へ戻る