【新車】プレスト、「XT1200ZE スーパーテネレ」2019年モデルの取扱いを決定 約12万円分お得なパニアケースパッケージも展開

▲XT1200ZE スーパーテネレ パニアケースパッケージ ライトグレー

独自のパニアケース&スキッドプレート標準装着モデルもラインナップ

プレストコーポレーションは、ヤマハの並列2気筒1,200ccエンジンを搭載したアドベンチャーツアラー最上級モデル「XT1200ZE スーパーテネレ」2019年モデルの取扱いを決定した。

大自然のオフロードから都会のアスファルトロードまで、道を選ばない走破性と長距離ツアラー性能を極めたXT1200ZE スーパーテネレに、2019年モデルはMLNM4(ライトグレー)と、MDNM6(ダークグレー)の2色が設定された。

▲XT1200ZE スーパーテネレ

あわせて、オプション装着率の高い「パニアケース」と「スキッドプレート」を標準装着した「XT1200ZE スーパーテネレ パニアケースパッケージ」を、プレストコーポレーションオリジナルのアクセサリーパッケージモデルとしてラインナップに追加。193,300円相当のアクセサリーが車両本体価格プラス70,000円で装着できる非常にお得なセットモデルとなる。

▲XT1200ZE スーパーテネレ パニアケースパッケージ

全国のプレストオフィシャルショップにて受注開始されており、2019年1月以降のデリバリー開始予定となっている。

XT1200ZE スーパーテネレ

ライトグレー

ダークグレー

製品情報

■カラー:MLNM4(ライトグレー)、MDNM6(ダークグレー)
■参考小売価格:1,760,400円(本体価格1,630,000円)
■仕向地:南アフリカ仕様
■デリバリー開始予定日:2019年1月予定

XT1200ZE スーパーテネレ パニアケースパッケージ

ライトグレー

ダークグレー

製品情報

■カラー:MLNM4(ライトグレー)、MDNM6(ダークグレー)
■参考小売価格:1,836,000円(本体価格 1,700,000円)
■仕向地:南アフリカ仕様
■デリバリー開始予定日:2019年1月予定

※日本の環境基準に適合した仕様での販売となる。
※仕様変更などにより、写真や内容が一部実車と異なる場合がある。
※輸入商品のため、デリバリー開始予定日はあくまでも目安。輸送等の事情により予告なく変更される場合がある。
※参考小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていない。

情報提供元 [ プレストコーポレーション ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハのフラッグシップLMW・ナイケン。これまでヤングマシンで行ってきた徹底テストでその…
  2. 流行するネオクラシックの中でも「軽量&扱いやすいモデル」として人気を集める、日本とイタリアの…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット トライアンフは、2月16日(土)より 3月10日(日)…
  4. 車検レスの軽量スポーツ刀は、250㏄としては大柄だったものの、親しみやすさはシリーズ随一だ。…
ページ上部へ戻る