【新車】ホンダ「CB400 SF/SB」がタイプ設定とカラーバリエーションを変更し11/26に発売

▲CB400 SUPER BOL D’OR アトモスフィアブルーメタリック

CB400SBにはETC2.0車載器を標準装備

Hondaは、扱いやすい出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・直列4気筒エンジンを搭載したロングセラーのロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」にABS※1を標準装備。防風効果の高いハーフカウルを装着した「CB400 SUPER BOL D’OR(スーパーボルドール)」には、ABSやスポーツグリップヒーター、ETC2.0車載器※2を標準装備した。

CB400シリーズは、装備の見直しを図り従来の4タイプから2タイプの設定に変更。また、両モデルのカラーバリエーションを変更して、Honda Dreamより11月26日(月)に発売される。

注釈(Hondaプレスリリースより)
※1 ABSはライダーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABS非装着車両と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは対応できません。ABS作動時は、キックバック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせます。
※2 ETC2.0を使用するにあたり、セットアップ、セットアップ費用および決済用のETCカードが必要となります。
※編集部注:以下の本文中では、「CB400 SUPER FOUR」→「CB400SF」、「CB400 SUPER BOL D’OR」→「CB400SB」と略表記します。

今回、CB400SFとCB400SBのカラーバリエーションに、躍動感あるホワイトとブルーを主体色にレッドのストライプを採用したアトモスフィアブルーメタリックと、重厚感のあるダークネスブラックメタリックが新たに設定。従来のキャンディークロモスフィアレッドと合せてそれぞれ3色設定となっている。また、CB400SBに標準装備されるETC2.0車載器は、今後もさまざまな情報提供などが予定されている。

▲CB400 SUPER FOUR ダークネスブラックメタリック

CB400SFとCB400SBは、400ccクラスのロングセラーロードスポーツモデルとして熟成と進化を続け、初めてスポーツバイクに乗るエントリーユーザーからベテランユーザーまで、幅広い年代のユーザーに好評のモデルだ。

CB400 SUPER FOUR

アトモスフィアブルーメタリック(新色)

ダークネスブラックメタリック(新色)

CB400 SUPER BOL D’OR

アトモスフィアブルーメタリック(新色)

ダークネスブラックメタリック(新色)

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 2,400台

メーカー希望小売価格

CB400 SUPER FOUR

ダークネスブラックメタリック:868,320円
キャンディークロモスフィアレッド:911,520円
アトモスフィアブルーメタリック:911,520円

CB400 SUPER BOL D’OR

ダークネスブラックメタリック:1,021,680円
キャンディークロモスフィアレッド:1,064,880円
アトモスフィアブルーメタリック:1,064,880円

*価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれない。

主要諸元

通称名 CB400 SUPER FOUR CB400 SUPER BOL D’OR
車名・型式 ホンダ・2BL-NC42
全長×全幅×全高 (mm) 2,080×745×1,080 2,080×745×1,160
軸距 (mm) 1,410
最低地上高 (mm)★ 130
シート高 (mm)★ 755
車両重量(kg) 201 206
乗車定員 (人) 2
最小回転半径 (m) 2.6
エンジン型式・種類 NC42E・水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒
総排気量(cm3) 399
内径×行程 (mm) 55.0×42.0
圧縮比 ★ 11.3
最高出力(kW[PS]/rpm) 41[56]/11,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 39[4.0]/9,500
燃料消費率※3(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値※4
31.0(60km/h定地走行テスト値)<2名乗車時>
WMTCモード値★
(クラス)※5
21.2(クラス3-2)<1名乗車時>
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式★ セルフ式
点火装置形式★ フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式★ 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 18
クラッチ形式★ 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 3.307
2 速 2.294
3 速 1.750
4 速 1.421
5 速 1.240
6 速 1.130
減速比(1次★/2次) 2.171/2.933
キャスター角(度)★/トレール量(mm)★ 25°5´/90
タイヤ 120/60ZR17M/C(55W)
160/60ZR17M/C(69W)
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式
フレーム形式 ダブルクレードル

■道路運送車両法による型式指定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
■製造事業者/本田技研工業株式会社

※3 燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値。ユーザーの使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なる。
※4 定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率。_
※5 WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果に基づいた計算値。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類される。

問い合わせ先

お客様相談センター
0120-086819

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  2. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  3. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
  4. ドレミコレクションから、Z900RS用ローハンドルバー「Dコンチハンドル」が登場した。 ス…
ページ上部へ戻る