【OGA 小川裕之 コラム】SSリッタークラスでのウィリーのやり方 これを見れば100%理解できるはず!

【OGA 小川裕之:エクストリームバイク スタントライダー】

大変お待たせ致しました!要望の非常に多かった、リッターSSクラスでのウィリーのやり方です。

しかも今回のは気合を入れて、カメラをたくさん使って撮影しました。おそらく世界に存在するウィリー解説動画では最もわかりやすいクオリティに仕上がっていると思います。
編集も頑張りました。スローモーションを使って分かりやすく理解できるように気を配ったり、アクセル、ブレーキ、クラッチなどの各操作にもフューチャーして映像を撮っています。
自分でも「販売できるレベルじゃん!」って思いながら動画を編集してました(笑
自信作なのでぜひみてください。これを見ればウィリーの仕組みは100%理解できるはず!

映像はリッチなんだけど、SS1000クラスは上級者向け(汗

正直、SSリッタークラスはウィリーが難しい。一番問題なのはアクセルのシビアさ。
メーカーが総力をかけて作った、1000ccのピュアスポーツだからそのパワーは半端じゃない。少しのアクセルの動きで一気に加速する1000ccのアクセルワークは自分でもかなり苦労する。完璧なウィリーをするには、パワーがありすぎてもダメで、スタントライディングの世界ではアクセルが扱いやすい600ccクラスが主に使われています。

スタントライダー達が敬遠するほどのクラスなので、いきなり大型のSSクラスで習得することは難しいかもしれません。ウィリー習得の近道は小排気量での練習がお勧めです。

まずは、フロントアップ1000本を練習してほしい。

距離を出したいっていう気持ちが先走って、アクセルを開けて加速しながらウィリーしている人を良く見かけます。気持ちはよくわかるけど、ウィリーで一番大事なのは、100%安定したフロントアップなんです。
大体1000回くらいフロントアップすれば、アクセル、ボディアクション、クラッチのさじ加減がわかるようになり、フロントアップをしっかりとコントロールできるようになります。
その過程でリアブレーキの操作も覚えていくのですが、そこをすっ飛ばしてしまうと、危険な加速ウィリーになるわけです。バイクやご自身のためにも、まずは我慢してしっかりボディアクションを使ってフロントアップができるように、1000本修行しよう!野球も素振りが基本でしょ♪

※練習する際はクローズドされた場所で行い、公道では行わないようにお願いいたします。練習での転倒や怪我はすべて自己責任となります。

→小川裕之 コラム一覧

小川 裕之

小川 裕之 エクストリームバイク スタントライダー

投稿者プロフィール

アメリカ、ヨーロッパ、アフリカの最高峰の大会で表彰台獲得を達成した唯一の日本人ライダー。
海外参戦9年目となり、海外の大会参戦やイベント出演の回数は50回を超え、2014年~2017年には海外大会において日本人最高位獲得。名実ともに日本人トップライダーとなる。
また、インド、シンガポール、インドネシア、ベトナムなどのアジア諸国にも招待されショーを行うなど、アジア諸国からも評価が高く、その活動の範囲は日本国内はもとよりアジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、中東とグローバルに広がっている。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  2. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  3. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
  4. ドレミコレクションから、Z900RS用ローハンドルバー「Dコンチハンドル」が登場した。 ス…
ページ上部へ戻る