ホンダ、EICMA2018で二輪モータースポーツ世界選手権2019 参戦体制を発表

※画像は公式サイトのスクリーンショット

Hondaは、現地時間11月6日(火)にイタリア・ミラノで開催されたEICMA2018(ミラノショー)において、2019年シーズンの二輪モータースポーツ世界選手権参戦体制を発表。現地にはHRCライダーが集結した。

FIMロードレース世界選手権シリーズ(MotoGP)からはマルク・マルケス、中上貴晶が参加。FIMスーパーバイク世界選手権シリーズ(WSBK)からはレオン・キャミア、清成龍一が参加。その他、それぞれが来シーズンに向けて抱負を語った。

以下公式サイトより


マルク・マルケス(Repsol Honda Team)

長いシーズンでしたが、最終的には目標としていたライダーズタイトルを獲得することができました。2週間後に控えている最終戦バレンシアGPでは、三冠達成を果たすため、チームタイトルの獲得を目指します。簡単ではないでしょうが、最後の最後まで集中を切らさず、レースに臨むつもりです。

バレンシアGPの翌週には、2019年シーズンに向けたニューマシンのテスト走行も控えているので、それも楽しみです。ライバル勢はさらに強くなって戻ってくるはずなので、ライダーとしてのスキルの向上はもちろん、チーム一丸となってマシンのパフォーマンスを向上させ、来年を迎えたいと思っています。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

▼関連記事まとめ

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  2. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  3. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
  4. ドレミコレクションから、Z900RS用ローハンドルバー「Dコンチハンドル」が登場した。 ス…
ページ上部へ戻る