ホンダの新型650スポーツに変化が!「F」から「R」になった理由とは

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

イタリア・ミラノで開催されたEICMAでは各メーカーからニューモデルが目白押しだったが、その中でホンダが発表したミドルクラスの新型2台について言及したい。CBR650RとCB650Rである。

▲CB650R

▲CBR650R

この2台は水冷直4エンジンやスチール製フレームと足まわりなどを共有化する兄弟車である。前者はフルカウルをまとったスポーツモデルであり、後者はスポーツネイキッドに分類されるはず。だが、最近は個々のモデルが細分化しカテゴライズするのが難しく、かつてのスーパースポーツやネイキッドなどのように明確な線引きはできなくなってきた。実はそれも今回の話のテーマに含まれている。

「F」と「R」のイニシャルが意味するもの

この新しい2台の先代モデルはCBR650FとCB650Fであった。それが新型ではネーミングの末尾についていた「F」がそれぞれ「R」へと変化している。これを読み解くには、そもそもイニシャルの意味を知る必要があるだろう。

ホンダにおける「F」コンセプトとは街乗りからツーリング、サーキット走行まで幅広く使える万能型ストリートモデルに与えられる称号で、一方の「R」は最上級のスポーツグレードを意味するもので、つまり生粋のスポーツモデルに冠されるものである。

たとえば同クラスでもCBR600RRなどは「R」が2つも付いていて、これはレースを前提としたモデルであることが分かる。イニシャルはそのマシンのキャラクターを表しているわけだ。

全面的にブラッシュアップされた新型

もちろん根拠もある。新型CBR650Rだが、まず見た目がCBR1000RR譲りとも言えるスポーティな外観となり、ライポジもよりアグレッシブな前傾タイプへ。最高出力も4psアップの95psに向上し、車重も6kg軽量化されて207kgとなり、前後サスペンションやブレーキにも改良が加えられるなど全面的にブラッシュアップされ、おそらくは走りのパフォーマンスも格段に高められているはずだ。

かといって、日常域での使い勝手が悪くなったのかといえば、ホンダとしてはそういうアプローチはしないはず。何故ならサーキット性能に特化したCBR600RR(国内は生産終了)などのモデルがすでに存在するからだ。

ただ、こうしたスーパースポーツ(レーサーレプリカ的な)はサーキットでタイムを削るためのマシンとしては最適だが、過敏なスロットルレスポンスや鋭すぎるハンドリングが故に通勤・通学やツーリングといった日常的な使い方での扱い易さがどうしてもスポイルされる傾向にある。

「F」コンセプトを包括した「R」へ

▲CB650R

そこで新型が目指したのはホンダ伝統の「F」コンセプトを包括した「R」ということだろう。その意味ではかつてRRになる以前のスーパースポーツとして人気だったCBR600F(F4i)に近いかもしれない。CBR600Fは楽なライポジと厚めのダブルシート、タンデム前提のグラブバーまで備えていながらSS600レースなどでも大活躍した。これは本当に乗りやすくていいバイクだった。

その後、600ccスーパースポーツは最もレーシングマシンに近い公道モデルと言われるほどに先鋭化してしまい、果てはユーザー離れを招いて自ら墓穴を掘ってしまった感もある。

兄弟それぞれのキャラも際立つ

その反省もあるだろう。今回の新型では、世界のスポーツバイク市場でも最も人気の高いミドルクラスで、日常使いからスポーツ走行までこなせるワイドレンジなモデルに仕上げてきたわけだ。

従来モデルのCB650Fにはちょっと尖がったストファイ的な雰囲気があり、CBR650Fは逆にスポーツに成り切れない中途半端な感じもあったが、今回の新型では、CBはCB1000Rにつながる“ネオスポーツカフェ”を表現したシリーズ共通デザインとし、CBRは外観的にもよりスーパースポーツ的な方向性が際立ってきた。これにより、CBとCBRのキャラの差別化もより明確になったわけだ。

600cc~750cc辺りのグローバルミドルクラスは本来扱いやすいパワーと車格がウリであり、コスパにも優れるなどメリットも多く、日本でももっと注目されても良さそうなものだ。新しくなったCB&CBRにさらなる期待をかけつつ見守っていきたい。

▼関連記事まとめ

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
ページ上部へ戻る