新型カタナにも対応!ヨシムラ、バックステップ「X-Tread」シリーズをEICMAで公開

豊富なポジション設定が可能

ミラノショーにてヨシムラから新たなラインナップとなるバックステップのプロトタイプが発表された。

発表になった機種は話題のスズキ新型カタナとカワサキZ900RSの二機種。「X-Tread」シリーズと銘打たれたバックステップだが、ポジションの調整機構がベースプレート側とシフトリンケージ/ブレーキレバー側とで設けられており、豊富なポジション設定が可能となっている。

シンプルなデザインにガンメタルグレーのアルマイトがかけられた外観は、USヨシムラブランドで人気を博しているオイルフィラーキャップやエンジンカバーなどとのマッチングが図られており、よりヨシムラブランドでの統一感を演出する仕上がり。

バックステップの他には、カタナ向けにはマフラーの開発も進んでいる様子で、フルエキゾーストのR11サイレンサーがデモ車両のカタナには装着されていた。カスタムニーズも大きいと見られる新型カタナ向けマフラーの「本命」として、早くも各国プレス注目度は最大級だった。

新型カタナ用ヨシムラブランドのアイテムとしては、バックステップとマフラーの他にもBAZZAZやコアプロテクター、スクリーンなどにも期待が募る。新型カタナと現代のヨシムラスピリットのコラボレーションには目が離せない!

▼関連記事まとめ

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【GPX DEMON150GR】 ディテール&試乗インプレッション ”GPX”というバイ…
  2. ドゥカティは、新型となる「Diavel 1260」を発表した。日本での発売は6月が予定されて…
  3. ■大会名:2019筑波ロードレース選手権シリーズ第1戦 ■開催日:2019年3月9日(土)…
  4. 岡田商事は、3月22日(金)から開催される「第46回 東京モーターサイクルショー」の出展概要…
ページ上部へ戻る