新型カタナにも対応!ヨシムラ、バックステップ「X-Tread」シリーズをEICMAで公開

豊富なポジション設定が可能

ミラノショーにてヨシムラから新たなラインナップとなるバックステップのプロトタイプが発表された。

発表になった機種は話題のスズキ新型カタナとカワサキZ900RSの二機種。「X-Tread」シリーズと銘打たれたバックステップだが、ポジションの調整機構がベースプレート側とシフトリンケージ/ブレーキレバー側とで設けられており、豊富なポジション設定が可能となっている。

シンプルなデザインにガンメタルグレーのアルマイトがかけられた外観は、USヨシムラブランドで人気を博しているオイルフィラーキャップやエンジンカバーなどとのマッチングが図られており、よりヨシムラブランドでの統一感を演出する仕上がり。

バックステップの他には、カタナ向けにはマフラーの開発も進んでいる様子で、フルエキゾーストのR11サイレンサーがデモ車両のカタナには装着されていた。カスタムニーズも大きいと見られる新型カタナ向けマフラーの「本命」として、早くも各国プレス注目度は最大級だった。

新型カタナ用ヨシムラブランドのアイテムとしては、バックステップとマフラーの他にもBAZZAZやコアプロテクター、スクリーンなどにも期待が募る。新型カタナと現代のヨシムラスピリットのコラボレーションには目が離せない!

▼関連記事まとめ

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハーレーダビッドソンは、1月18日(金)~9月30日(月)の期間中に大型自動二輪MT免許を取…
  2. 2018年7月16日と9月24日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館…
  3. 38年前の鮮烈フォルム すべてはここから始まった GSX1100Eがベースとは思えない、流…
  4. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 新車全モデルが対象 BMW Motorradは、免許…
ページ上部へ戻る