ホンダ、EICMA2018にデザインスタディーモデル「CB125M」と「CB125X」を出展

Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、イタリア・ミラノで開催されているEICMA2018(ミラノショー、プレスデー:11月6日~7日、一般公開:11月8日~11日)で、ヨーロッパ地域の研究開発拠点であるHonda R&D Europe(ローマ)によるデザインスタディーモデルを出展した。

CB125M


スーパーモタードを強調したネイキッドストリートモデルです。ボディーは、シャープなラインと最小限のサイズで構成しています。
シートは、コンパクトでリアに高く跳ね上げた形状とし、超小型のLEDヘッドライトを採用するなど、未来的で躍動感にあふれたスタイリングを実現。ベースとなっているモデルは、水冷・4ストローク・単気筒エンジン搭載のCB125Rです。

CB125X


アドベンチャーイメージを強調したモデルです。ボディーカラーをホワイトで統一し、深みのあるラインとソリッドな面で構成したデザインは、クリーンでありながらアグレッシブなイメージを醸し出しています。ベースとなっているモデルは、CB125Rです。

情報提供元 [ Honda ]

▼関連記事まとめ

関連記事

編集部おすすめ

  1. 38年前の鮮烈フォルム すべてはここから始まった GSX1100Eがベースとは思えない、流…
  2. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 新車全モデルが対象 BMW Motorradは、免許…
  3. ▲【SUZUKI HAYABUSA 新型予想CG】初代’99から続く有機的な曲線ボディを洗練して受け…
  4. Hondaは、水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒・648ccエンジンを搭載し、コン…
ページ上部へ戻る