ホンダ、EICMA2018の出展概要を発表 CB650R、CBR650R、CB500F、CBR500R、CB500Xを世界初公開

Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、イタリア・ミラノで開催されるEICMA2018(ミラノショー、プレスデー:11月6日~7日、一般公開:11月8日~11日)に出展するヨーロッパ向け2019年モデルの二輪車ラインアップを発表した。

以下リリースより

世界初公開モデル

■CB650R

ミドルクラスに、新たな「ネオ・スポーツ・カフェ」スタイルの「CB650R」をラインアップ。カフェレーサーのデザインエッセンスと、凝縮した台形プロポーションを融合させた個性的なスタイリングを実現しました。直列4気筒エンジンは、より力強い出力特性を図るとともに、Hondaセレクタブルコントロールとアシストスリッパークラッチを採用することで、操る楽しさと上質なライディングフィールを追求しています。

■CBR650R

シャープでアグレッシブなラインを強調したフェアリングや、ショートタイプのリアデザインの採用によって、スーパースポーツモデル「CBR1000RR Fireblade」を彷彿させるスタイリングを実現しました。CBR650Rは、「CBR650F」の後継モデルとして、外観の一新を図るとともに、高回転域での出力を向上させるなど、スポーツモデルとしてのトータル性能の向上を図っています。

■CB500F、CBR500R、CB500X

発売以来、軽快な走行フィーリングなどでご好評をいただいている直列2気筒エンジンは、常用域の3,000回転から7,000回転において、力強いトルク特性を実現するなど熟成を図っています。また、新タイプのリアサスペンションとアシストスリッパークラッチに加え、フルLEDの灯火器や新型のデュアルマフラーを採用するなど、3車種それぞれの個性を際立たせています。

・CB500Fは、フロントからリアまでシャープなラインで構成したスタイリングを実現。ロードスターモデルとして、さらにスポーティーな走りを追求しています。
・CBR500Rは、よりシャープなスタイリングを採用することで、CBR1000RR Firebladeのイメージを強調しています。また、スポーティーなライディングポジションとしています。
・CB500Xは、フロントに19インチタイヤを新たに採用するとともに、前後サスペンションのストロークを伸長するなど、アドベンチャーモデルのイメージを高めています。

その他の主な出展モデル

■CBR1000RR Fireblade、CBR1000RR Fireblade SP

”Next Stage Total Control”を開発コンセプトに、エンジンの出力制御については、HRCのワークスマシン「RC213V」の制御プログラムをベースとして熟成を図っています。また、HondaセレクタブルコントロールとABSのセッティングも変更するなど、サーキットでのスポーツライディングでは、力強く安定感のある走行フィーリングを追求しています。

■X-ADV

カモフラージュグリーンなどのニューカラーを採用

■Gold Wingシリーズ

カラーバリエーションを変更

■SH300i

ミドルクラスのハイパフォーマンス・スクーターのSH300iには、Hondaセレクタブルコントロールとリモートキーシステム連動のスマートトップボックスを新たに装備し、安心感のある走りと使い勝手を高めています。

EICMA2018に出品した下記モデルは、日本での販売を予定しています。
・CB650R、CBR650R
・CBR500R(日本ではCBR400Rとして販売予定)
・CB500X (日本では400Xとして販売予定)
・CBR1000RR Fireblade、CBR1000RR Fireblade SP
(日本ではCBR1000RR、CBR1000RR SPとして販売予定)

情報提供元 [ Honda ]

▼関連記事まとめ

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※第4回 Night Rider Meeting プレスリリースより BMW Motorr…
  2. ▲BRUTALE 800 RR PIRELLI MVアグスタは、11月10日(土)「BRUTA…
  3. ▲GTS Super 300 Notte 『夜(Notte)』をイメージさせるエレガント&ワイ…
  4. ハーレーダビッドソンは、全国の正規ディーラー*1でメンテナンス・パック プレゼントキャンペー…
ページ上部へ戻る