岡本裕生選手がJRR ST600 最終戦で大逆転し「YZF-R6」で初のチャンピオンを獲得

全日本ロードレース選手権第9戦・MFJグランプリ50回記念大会が2018年11月4日(日)に三重県の鈴鹿サーキットで開催され、「51ガレージ チームイワキ」から「YZF-R6」でST600に参戦する岡本裕生選手が2位になり、岡本選手にとって自身初となるチャンピオンをに輝いた。
ヤマハとしては2017年の前田恵助選手に続き2年連続でのチャンピオン獲得となる。

ランキングトップに1ポイント差の2位で臨む

岡本選手はシーズン開幕戦で3位表彰台と幸先のよいスタートを切ると、SUGO大会、筑波大会のレース2での優勝を含め開幕から4大会5レース連続で表彰台を獲得した。続く岡山国際は台風の影響で決勝が中止となったが、予選順位に対して通常のハーフポイントが与えられることになり、予選5番手だった岡本選手は8ポイントを獲得。こうしてMFJGPにはランキングトップの小山知良選手(ホンダ)に1ポイント差の2位で臨んだ。

その決勝は、ドライで行われた予選で小山選手がポールポジションを獲得したのに対し、岡本選手は7番手と不利な状況で決勝を迎えた。しかし雨によるウエットレースとなった決勝は、前半からトップ争いに加わり、小山選手の前で有利にレースを進めていった。
そしてレースが中盤になると小山選手が他車と接触してコースアウト。これにより、岡本選手はチャンピオン獲得に大きく近づいたが、その後も優勝を目指しトップ争いを繰り広げて2位でチェッカーを受け、逆転で初の全日本チャンピオンに輝いた。

岡本裕生選手談

前日の予選は僕の7番手に対して、ランキングトップの小山選手がポールポジションとビハインドがありました。しかし、ドライでもウエットでも戦える自信があったので、優勝を照準に決勝に臨みました。
レースでは正直、小山選手のことは意識していなかったし、コースアウトで順位を落としたことも知らず、特に終盤は佐野選手とのバトルに集中。自分が速いところ、遅いところが明確で、得意なブレーキングで勝負していましたが、かなり激しいバトルとなり、最後はチャンピオンのことも視野に無理せず走って2位。
今年は一つ一つ勝ちを重ねること重視していたので、この結果は悔しいですが、チャンピオンもまた目標の一つではあったので、さすがにチームの皆さんが迎えてくれた時はウルっとしてしまいました。
将来は海外で活躍することが目標なので、このチャンピオンは僕にとっては通過点です。今後もしっかり未来を描き進んでいきたいと思います。最後に僕を受け入れ、サポートしてくれたチームの皆さま、ファンの皆さま、本当にありがとうございました。

プロフィール

岡本 裕生(おかもと ゆうき)
出身地:埼玉県
生年月日:1999年7月23日

【主な成績】
2018年:全日本ST600 チャンピオン
2017年:全日本ST600 ランキング3位
2016年:全日本J-GP2 ランキング26位

岡本選手 2018シーズンの戦績

※第2・3・6戦はST600のレース設定はありません。
※第8戦は決勝が中止となりましたが、予選の順位に対し通常のレースポイントの半分が付与されました。

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※第4回 Night Rider Meeting プレスリリースより BMW Motorr…
  2. ▲BRUTALE 800 RR PIRELLI MVアグスタは、11月10日(土)「BRUTA…
  3. ▲GTS Super 300 Notte 『夜(Notte)』をイメージさせるエレガント&ワイ…
  4. ハーレーダビッドソンは、全国の正規ディーラー*1でメンテナンス・パック プレゼントキャンペー…
ページ上部へ戻る