【新車】カワサキ、「Ninja ZX-6R/KRT EDITION」2019年モデルを12/1に発売 高度なライダーサポート技術を搭載

※車両画像はすべて海外仕様です。

国内モデルの発売日、概要が公開

カワサキモータースジャパンは、「Ninja ZX-6R」「Ninja ZX-6R KRT EDITION」を2018年12月1日(土)に発売することを発表した。

既に国内発売は決定していたが、今回の発表では正式な発売日が明らかになり、カラー名・カラーラインナップも国内向けに変更されている。従来モデルからの主な変更点やスペックなどの詳細は、下記関連ニュースも参照されたい。

【関連ニュース(詳細)】
カワサキ「Ninja ZX-6R/KRT EDITION」2019年モデルを発売

Ninja ZX-6R

メーカー希望小売価格:1,328,400円(本体価格1,230,000円、消費税98,400円)

メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック


Ninja ZX-6R KRT EDITION

メーカー希望小売価格 1,328,400円(本体価格1,230,000円、消費税98,400円)

ライムグリーン×エボニー



19MY Ninja ZX-6R action video

「Ninja ZX-6R/KRT EDITION」主な特長

・KQS(カワサキクイックシフター)を搭載。※アップのみ
・KIBS(カワサキインテリジェントアンチロックブレーキシステム)を搭載。
・KTRC(カワサキトラクションコントロール)を搭載。
・パワーモード選択機能を搭載。
・アシスト&スリッパークラッチを搭載。
・ツインLEDヘッドライトを装備。
・アルミニウム製ぺリメターフレームを採用。
・SHOWA製SFF-BP(セパレートファンクションフォーク – ビッグピストン)を搭載。
・高剛性ラジアルマウントモノブロックキャリパーを搭載。
・BATTLAX HYPERSPORT S22タイヤを装備。
・シート前部を細く絞り、スリムなライディングポジションと良好な足つき性を実現。
・アジャスタブルクラッチレバー(5段階)、アジャスタブルブレーキレバー(6段階)を採用。
・ヘルメットロックを標準装備。
・多機能インストゥルメントパネルの採用。
・ユーロ4排出ガス規制に適応。
・ETC2.0車載器キットを標準装備。(フロントシート下に配置)。
・スーパーバイク世界選手権で戦うNinja ZX-10RRと同イメージのカラーリングを採用。

※は、KRT EDITIONの特徴。

Details

製品概要

スーパースポーツの楽しさと興奮を幅広いライダーに提供するNinja ZX-6Rは、ワインディングとストリートに合わせて最適化されたエンジンとシャーシにより、サーキットや高速道路、街乗り走行などさまざまな場面で爽快なライディングを提供する。

また、KQS(カワサキクイックシフター)、KTRC(カワサキトラクションコントロール)、パワーモード選択、KIBSなどの高度なライダーサポート技術を搭載。スポーツライディングのパフォーマンスが高められている。

さらに、ツインLEDヘッドライトを採用することで夜間走行時の優れた視認性を獲得。スタイリングは、Ninjaシリーズ共通のデザインを取り入れながらNinja ZX-6Rの強い見た目が際立っている。

なお「KRT EDITION」の車体デザインには、スーパーバイク世界選手権で戦うNinja ZX-10RRと同イメージのカラーリングを採用。Ninjaデザインのスタイリングと共に、よりアグレッシブな雰囲気を演出している。

【関連ニュース(詳細)】
カワサキ「Ninja ZX-6R/KRT EDITION」2019年モデルを発売

情報提供元 [ カワサキモータースジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※第4回 Night Rider Meeting プレスリリースより BMW Motorr…
  2. ▲BRUTALE 800 RR PIRELLI MVアグスタは、11月10日(土)「BRUTA…
  3. ▲GTS Super 300 Notte 『夜(Notte)』をイメージさせるエレガント&ワイ…
  4. ハーレーダビッドソンは、全国の正規ディーラー*1でメンテナンス・パック プレゼントキャンペー…
ページ上部へ戻る