【新車】アプリリア、「SR50R」を環境規制に対応し11/30に発売 2サイクル50ccエンジン搭載スクーター

▲「SR50R」フルーオレッド

20年以上の歴史を持つスクーター。グラフィックを新たに登場

ピアッジオグループジャパンは、2サイクル50ccエンジン搭載のスポーツスクーター「SR50R」をユーロ4規制に適合させ、グラフィックを新たに11月30日(金)より販売開始する。

SR50は、50ccスクーターにスーパースポーツスクーターというジャンルを確立した最初のモデルで、20年以上の歴史を持つ。

水冷2サイクルエンジンや前後ディスクブレーキなどの装備、13インチサイズのロープロファイルタイヤと高品質のサスペンション、モーターサイクルのハンドリングにも通じる洗練されたフレームによる車体が、今なおクラスを超えた存在となっている。

ユーロ4規制適合の他には、新型エアフィルターが採用され、サイレンサーカバーのデザイン、ナンバープレートブラケットのデザイン、ボディグラフィックが主に変更された。

アプリリア SR50R

メーカー希望小売価格:324,000円(消費税8%込)

レーシングブラック

レーシングホワイト

フルーオレッド

「SR50R」製品情報

デザイン

レーシングの世界からの妥協のないデザイン性を、アプリリアのスポーツモデルからインスパイアされたスタイルで表現。デュアルヘッドランプ、セントラルエアーインテーク、テールランプとウィンカーがビルトインされたエアロダイナミクステールフェアリングが、その親和性を強調している。

エンジン

50cc 2ストローク単気筒水冷エンジンHi-Per2 Proは、ユーロ4基準をクリアしながらも高い加速性能を実現し、独特な形状のエキゾーストシステムにはダブルのキャタライザーを装備。セカンダリエアーシステムを備え、クリーンなエンジンに進化した。

シャシー構造

高張力スチールフレームは、一般的なスクーターよりもフロントエンドに加重させ、理想に近い重量配分を実現。この結果、モーターサイクルの様な前輪からのフィードバックが得られ、シャシー性能が乗り心地とパフォーマンスの向上に貢献している。

また、前後の190mmディスクブレーキと130/60ロープロファイルタイヤを備えた13インチのホイールを備え、高度なロード・グリップと安全性を提供する。

快適装備

快適なライディングポジションを実現する人間工学に基づいたシートを装備し、その下にはフルフェイスヘルメットを1つ収納できるスペースと、小物を収納するのに便利な1リットルの容量を持つポケットを装備。スピードメーターはデジタル表示で、ここにもレーシーな雰囲気を演出する多機能パネルが装着されている。

「SR50R」スペック

エンジン
2ストローク 水冷単気筒 Hi-Per2 Pro

ボア×ストローク
40㎜×39.3㎜

排気量
49cc

最高出力
NA

最大トルク
NA

燃料供給
電子制御キャブレター

トランスミッション
自動無断変速(CVT)

クラッチ
自動遠心クラッチ

フレーム
スチールクレードルチューブフレーム

フロントサスペンション
油圧式テレスコピックフォーク

リアサスペンション
モノショック

ブレーキ
フロント:φ190mm・ディスク
リア:φ190mm・ディスク

タイヤ
フロント:130/60×13”
リア:130/60×13”

サイズ
シート高:795mm

ガソリンタンク容量
7L

生産国
イタリア

メーカー希望小売価格(消費税込み)
¥324,000

情報提供元 [ ピアッジオグループジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※第4回 Night Rider Meeting プレスリリースより BMW Motorr…
  2. ▲BRUTALE 800 RR PIRELLI MVアグスタは、11月10日(土)「BRUTA…
  3. ▲GTS Super 300 Notte 『夜(Notte)』をイメージさせるエレガント&ワイ…
  4. ハーレーダビッドソンは、全国の正規ディーラー*1でメンテナンス・パック プレゼントキャンペー…
ページ上部へ戻る