[MotoGP Rd.17] ヤマハのビニャーレスがオーストラリアで圧勝 チームランキングでトップに迫る

Movistar Yamaha MotoGPがトップに16ポイント差に

MotoGP第17戦オーストラリアGP決勝レースが10月28日(日)に開催され、Movistar Yamaha MotoGPのマーベリック・ビニャーレスが圧勝した。

予選2番手フロントローに並んだビニャーレスは、スタート後の第1コーナーで10番手へ後退。1ラップ目が終わるころから少しずつ順位を挽回し、3ラップ目で8番手に上がったあとは、そのまましばらくポジションをキープした。

6ラップ目にはJ・ザルコとM・マルケス(ホンダ)が接触するアクシデント。幸い、これに巻き込まれなかったビニャーレスは、その間にも順調にアタックを続けていた。そしてするするとすり抜けて、8ラップ目にはついにトップに浮上。そこからは身体を伏せて前日と同様の強さを再現し、1分29秒台で周回を重ねながら後続を引き離していった。

レース終盤には4秒ものリードを築き、最後の5ラップは少しリラックスする余裕も。そしてひとつのミスもなくゴールまで走り切り、1.543秒のアドバンテージをキープして優勝を果たした。

一方、同チームのバレンティーノ・ロッシは、残り8ラップで一旦グループの先頭まで出て2番手につけたものの、6番手へ後退してしまう。このあと最後の3ラップで再度トライしたがポジションアップはならず、ビニャーレスから5.132秒遅れて6位でチェッカーを受けた。

この結果、ロッシはランキング3位をキープして2位に15ポイント差。ビニャーレスは4位をキープし、ロッシとの差を15ポイントに縮めた。

コンストラクターズ・ランキングでヤマハは、2位に44ポイント差の3位をキープ。チーム・ランキングではMovistar Yamaha MotoGPが、トップに16ポイント差と迫る2位につけている。

次回は11月2日~4日、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで開催される。

RACE DATA

■大会名称:MotoGP第17戦オーストラリアGP
■開催日:2018年10月28日(日)決勝結果
■開催地:フィリップアイランド/オーストラリア(4.445km)
■周回数:27周(120.096 km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:13度
■路面温度:32度
■PP:M・マルケス(1分29秒199/ホンダ)
■FL:M・ビニャーレス(1分29秒632/ヤマハ)

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※第4回 Night Rider Meeting プレスリリースより BMW Motorr…
  2. ▲BRUTALE 800 RR PIRELLI MVアグスタは、11月10日(土)「BRUTA…
  3. ▲GTS Super 300 Notte 『夜(Notte)』をイメージさせるエレガント&ワイ…
  4. ハーレーダビッドソンは、全国の正規ディーラー*1でメンテナンス・パック プレゼントキャンペー…
ページ上部へ戻る