新型スーパーカブC125開発者インタビュー 合言葉は「神は細部に宿る」

初代C100 に込められた想いや広く愛される基本性能を継承しつつより豊かで新しい乗り物を生み出す。だからこそ、C125の開発陣は細部にまで徹底的にこだわった。
※ヤングマシン2018年9月号(7月24日発売)より

既存のカブを超えた上質なパーソナルコミューターを

YM:まず開発の経緯からお伺いしたいのですが、スーパーカブC125はグローバル市場を意識して生産だけでなく、開発も主にタイで行っていたとか。

勝田:スーパーカブは、日本では多くの人に役立つバイク=ビジネスバイクとして長い文化を築いてきました。一方、タイをはじめ東南アジア各地では一家に一台のファミリーユース=自家用車として愛され続けてきたんです。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  2. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  3. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  4. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
ページ上部へ戻る