’19新型NinjaZX-10R (ニンジャZX-10R) は3~4psアップを達成

2018年9月2日、MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦が開催されている九州のオートポリスで新型ニンジャZX-10Rシリーズが世界初公開。速さに定評のあるマシンが、エンジンをさらにパワーアップしたことが明らかになった。

SBK3連覇マシンがさらにパワーアップ

ニンジャZX-10Rは、2011年に現行モデルの基礎となるパッケージが完成した。その後、スーパーバイク世界選手権(SBK)で開発した技術をフィードバックし、2016年型でSHOWAのバランスフリーフロントフォーク及びバランスフリーリヤクッションライトを採用。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 38年前の鮮烈フォルム すべてはここから始まった GSX1100Eがベースとは思えない、流…
  2. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 新車全モデルが対象 BMW Motorradは、免許…
  3. ▲【SUZUKI HAYABUSA 新型予想CG】初代’99から続く有機的な曲線ボディを洗練して受け…
  4. Hondaは、水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒・648ccエンジンを搭載し、コン…
ページ上部へ戻る