【新車】KTM、「1290 SUPER DUKE GT/R」2019年モデルをインターモトで発表

▲1290 SUPER DUKE GT

※Photographer : Schedl R.
※車両の外観、スペック等はすべて欧州仕様です。

KTMは、ドイツのケルンで開催されたインターモトで、よりシャープに強く、洗練されたプレミアムスポーツツアラー「1290 SUPER DUKE GT」と、新しいグラフィックデザインを纏った「1290 SUPER DUKE R」を発表した。日本への導入時期はともに、現時点では未定となっている。

「1290 SUPER DUKE GT」の2019年モデルにおける大きな変更点はダッシュボード。新しいエアロダイナミクスを駆使して開発された、片手での高さ調整が可能なウインドシールドの後ろに、6.5インチのTFTディスプレイを装着。

このフルカラーディスプレイは直射日光の下でも認識可能で、その独創的なレイアウトにより、前方の道路から目をそらさずにバイクの状態を容易に認識することができる。なお様々なメニューや機能は、左のバーにあるイルミネーション付きのメニュースイッチで感覚的に操作可能だ。カラーリングはホワイトとブラックの2色展開。

「1290 SUPER DUKE R」は、2019年モデルにおいてグラフィックデザインを変更。よりシャープな外観となった。スーパーネイキッドバイク「THE BEAST」の名に相応しい仕上がりだ。カラーリングはブラック・ホワイトとブラック・オレンジの2色展開。

なお、その他の2019年モデルに関するニュースと情報は、11月6日にイタリアのミラノで開催されるEICMAで発表される予定となっている。

【ウェビックバイク選び】
KTMの車種情報

1290 SUPER DUKE GT

ホワイト

ブラック

1290 SUPER DUKE R

ブラック・ホワイト

ブラック・オレンジ

→公式サイト発表 全文を読む

【ウェビックバイク選び】
KTMの車種情報

▼関連記事まとめ

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. トリックスターは、新型ニンジャ250/400用のバックステップを発売した。 トリックス…
  2. 地域の代表メニューからNo.1「#フォトジェ肉(にっく)」メニューを決定 NEXCO東…
  3. 海に浮かぶ豪華客船がさらにラグジュアリー感あふれる空間に NEXCO東日本 東京湾アク…
ページ上部へ戻る