ホンダ初のモンキー Z100(1961年製造)が走行

2018年7月16日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念イベントが開催された。いつもの動態確認テストはレーサーなどが多かったが、今回は20周年記念ということで市販製品特別走行が実施され、ホンダの黎明期から現在までのエポックメイキングなモデルが走行を披露した。

モンキーの元祖は遊園地の乗り物

レジャーバイク、モンキーの元祖がこのZ100。1958年に発売されたスーパーカブC100のコンパクトで堅牢、扱いやすい特性の小型で高性能な4ストローク50ccエンジンがあって初めて可能となったモデルで、ホンダが1961年に建設した遊園地「多摩テック」の遊具に活用する事も視野に入れて誕生した。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. トリックスターは、新型ニンジャ250/400用のバックステップを発売した。 トリックス…
  2. 海に浮かぶ豪華客船がさらにラグジュアリー感あふれる空間に NEXCO東日本 東京湾アク…
  3. エンジンを懐に抱えて走るのがバイクの魅力。じゃあ、他の業界のエンジンはどうなってるの? とい…
  4. 二輪パーツの製品開発を行うビトーR&Dは、カワサキ Z900RS用の「JB-POWER 中空…
ページ上部へ戻る