【新車】ヤマハ、「YZF-R3」「YZF-R25」2019年モデルを発売 スタイル・走行性能に磨きをかけたグローバルモデル

▲YZF-R3 ABS ホワイトメタリック6

日本では来春以降に発売予定

ヤマハ発動機は、世界各国で人気のロードスポーツ「YZF-R3」「YZF-R25」の2019年モデルについて、スタイルと走行性能に磨きをかけ、2018年10月より「YZF-R25」をインドネシアで、同年12月より「YZF-R3」を米国で発売する。

なお、両モデルのABS搭載仕様も同国で発売し、日本では「YZF-R3 ABS」「YZF-R25」「YZF-R25 ABS」として、来春以降の発売が予定されている。

2019年モデルは、ヤマハ発動機のフラッグシップモデル「YZF-R1」とのリレーションを高めたスタイリングへ刷新することでプレゼンスが高められた。また、新しいフィーチャーを織り込み、走行性能がより高められた。

主な特徴は、
1)エアロダイナミクスを追求した新外観
2)旋回時などの良好な接地感に寄与する倒立式フロントサスペンション
3)視認性の高いフルデジタルメーター
など。

「YZF-R25」は2014年の発売以降、レースイメージやパフォーマンスがユーザーに支持されているモデル。特にインドネシアでは、ヤマハ発動機のスポーツイメージを牽引するモデルであり、若いユーザーを中心に憧れの対象となっている。

なお、製造はグループ会社 YIMM(PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が行う。

YZF-R25/ABS(インドネシア仕様)

ディープパープリッシュブルーメタリックC

YZF-R25

■発売日:2018年10月
■メーカー希望小売価格:58,600,000ルピア(ジャカルタ店頭小売価格)
■販売計画:5,000台(発売から1年間、インドネシア国内)

YZF-R25 ABS

■発売日:2018年11月
■メーカー希望小売価格:64,600,000ルピア(ジャカルタ店頭小売価格)
■販売計画:5,000台(発売から1年間、インドネシア国内)

YZF-R3/ABS(米国仕様)

ディープパープリッシュブルーメタリックC

マットブラック2

ホワイトメタリック6

YZF-R3

■発売日:2018年12月
■メーカー希望小売価格:4,999ドル
■販売計画:4,500台(発売から1年間、米国内)

YZF-R3 ABS

■発売日:2018年12月
■メーカー希望小売価格:5,299ドル
■販売計画:4,500台(発売から1年間、米国内)

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. トリックスターは、新型ニンジャ250/400用のバックステップを発売した。 トリックス…
  2. 地域の代表メニューからNo.1「#フォトジェ肉(にっく)」メニューを決定 NEXCO東…
  3. 海に浮かぶ豪華客船がさらにラグジュアリー感あふれる空間に NEXCO東日本 東京湾アク…
ページ上部へ戻る