ヤマハ、「MOTOROiD」が世界的デザイン賞”Red Dot Award”で初の大賞受賞

応募数5,640点の頂点に

ヤマハ発動機が「第45回東京モーターショー2017」などに出品し人気を博した「MOTOROiD(モトロイド)」が、世界最高峰のデザイン賞のひとつである「Red Dot Award:デザインコンセプト2018」において、大賞となる「Luminary award(ルミナリー賞)」を受賞した。日本の企業が同賞を受賞するのは初めてのこと。

「Luminary award」は、世界55ヵ国より応募された5,640点のうち、1点のみが選ばれる。「MOTOROiD」は、 “Best of the Best” (上位40点)に選出され、さらにその中からトップ3として「Luminary award」にノミネートされていた。同賞の受賞は9月28日、シンガポールで行われた授賞式にて発表された。

【関連ニュース】
◆ヤマハ「MOTOROiD」が世界的デザイン賞”Red Dot Award”の大賞候補にノミネート

以下プレスリリースより


「MOTOROiD」は、“人とマシンが共響するパーソナルモビリティ”を目指したコンセプトモデルです。知能化と自律技術を適用した高度なバランス制御を実装、マシンが自らの状態をセンシングして重心移動によって起き上がりそのまま不倒状態を保ちます。

また、ユーザーを認識して歩み寄ってくるほか、ライダーアクションに呼応するような反応を見せるHMI(Human-Machine Interface)機能など、さまざまな機能を備え、まるでパートナーのように振る舞います。“移動の道具”を超えたモビリティの未来像を提案しました。

外観は、荒々しい切削痕が残ったフレーム、あちこちに生々しく残った車体の傷、大きく磨り減って溝も消えかかったタイヤなど、技術とデザインの共創における苦悩や葛藤のプロセスを視覚的に伝えています。技術と機能を具現化するために、一から造形を行いました。

「Red Dot Award」は、ドイツの「Design Zentrum Nordrhein Westfalen(ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター)」主催による世界的な格式の高いデザイン賞で、プロダクトデザイン、コミュニケーションデザイン、デザインコンセプトの3部門で、毎年卓越したデザインが選定されています。「International Design Excellence Awards(IDEA)」、「iF Design Award」と並び世界3大デザイン賞の1つとも言われています。

なお「MOTOROiD」は、「International Design Excellence Awards(IDEA)」 “Gold(金賞)”も受賞しています。

>>ヤマハ発動機 デザインアワードサイト

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. アウトドア用品の中でも、マルチツールの王道として知られるLeatehrman(レザーマン)。…
  2. カワサキモータースジャパンは、「Ninja H2 CARBON」と、クローズドコース専用モデ…
  3. ▲N-VAN +STYLE FUN(エクステリア:ガーデングリーン・メタリック) Hondaの…
  4. コンセプトKXの発表でも大きな話題となったロイヤルエンフィールドから、270度クランク採用の…
ページ上部へ戻る