MOTOROiDが自動演奏と共演、SR400も展示!ヤマハ、乗り物のパーツで構成された演奏装置「&Y03」を初披露

▲&Y03 eMotion Tracks(&Y03)

デザインコンセプトモデルや製品展示、デモンストレーションを実施

ヤマハ発動機とヤマハは、2018年10月12日(金)から10月14日(日)まで、六本木ヒルズ大屋根プラザにて、合同デザイン展「Yamaha Design Exhibition 2018 “Tracks”」を開催する。

ヤマハ発動機とヤマハはこれまでも、同じ「ヤマハ」ブランドを使用する企業として、デザインを共通テーマに様々な活動を行ってきた。中でも両社のデザイン部門が共同でコンセプトモデルのデザインを創作するプロジェクト「&Y(アンディ)」はシリーズ化され、これまで音を奏でる電動アシスト車いす「&Y01」や乗り物を体感できる音響装置「&Y02」を制作し、国内外のデザインイベント等で積極的に展開してきた。

3回目となる今回は、“Tracks”を展示コンセプトとし、乗り物のパーツによって構成された演奏装置「&Y03 eMotion Tracks」(以下「&Y03」)を初披露するほか、ヤマハ発動機、ヤマハ両社のコンセプトモデルや製品を計11点展示。話題のオートバイ「SR400」も40周年モデルを含め、用意される。

▲SR400(40周年モデル)

また期間中、2017年東京モーターショーにて披露された自律走行するコンセプトモビリティ「MOTOROiD」が、「&Y03」およびピアノ、ドラムの自動演奏と共演するデモンストレーションを初披露する。

▲MOTOROiD

なお、開催初日の10月12日(金)はヤマハ株式会社の設立日にあたる。今年から両ヤマハそれぞれの設立日を「Yamaha Day」とし、その前後で様々な活動を行っており、今回のイベントもその一つとして実施される。

▲Yamaha Dayのシンボル

※ヤマハ発動機の設立日は7月1日。

以下プレスリリースより


展示コンセプト「Tracks」(トラックス)について

Track=軌道を意味し、“トラックレース”や“サウンドトラック”など、乗りものや音楽の世界でも広く使われます。今回の展示では両社にとっての“Tracks”を、轍(乗り物の軌道)や楽譜に象徴し、重なり織り交ぜあいながら、両社共通で思い描く理想の時間やシーンを表現します。

乗り物のパーツによって構成された演奏装置「&Y03」について

楽器や音響機器のデザインと、モーターサイクルなどモビリティのデザインが融合し得る可能性を探り、共通する“ヤマハらしさ”を体現する作品の創出を行うプロジェクト「&Y」による第3弾作品です。

この「&Y03」は、乗り物のパーツによって構成された演奏装置で、かつ会場展示全体との繋がりをコンセプトにした作品です。両社に通ずる、仲間とともに共通した時間・場所で道具を操る愉しみ ―アンサンブルする、グループツーリングするなど― を想起させる感覚を提供します。

ご参考 第1回、2回展示作品について

音を奏でる電動アシスト車いす「&Y01」

乗り物を体感できる音響装置「&Y02」

展示作品・製品のご紹介

ヤマハ発動機株式会社による展示作品・製品

マリンジェット / MJ-GP1800

「GP」シリーズのDNAを正統に受け継ぎ、3人乗りモデルのマリンジェット最速マシンとなって復活。絶対的な魅力である“速さ” に特化したモデルです。

スポーツ電動アシスト自転車 / YPJ-XC , YPJ-ER

走る楽しさを追求したスポーツモビリティ、YPJシリーズ。アシスト&ライドを楽しむタフモデル「YPJ-XC」と、ロングライド対応でロードバイクの可能性を広げる「YPJ-ER」。

電動アシスト自転車 / PAS Babby un

“ゴツカワ”(ごつくて可愛い)をキーワードにしたデザインと軽量コンパクトで扱いやすさにこだわったファミリーモデルです。

オートバイ / SR400

1978年から長きに渡り培ってきた世界観・ブランドをこの先も残し受け継いでいくモデル。ヤマハスポーツヘリテージを代表する一台です。 ※40周年モデルも展示します。

ROV / YXZ1000R

北米を中心に業務やレクリエーショナル、スポーツまで幅広い需要を持つROV(Recreational Off-highway Vehicle)のモデルです。

自律走行するコンセプトモビリティ / MOTOROiD

新しい感動体験の創出を目的に、知能化技術というインテリジェンスを用いて、「人とマシンが共響するパーソナルモビリティ」を目指す概念検証実験機です。

ヤマハ株式会社による展示製品

カジュアル管楽器 / VenovaTM

「2017年度グッドデザイン賞」において最高賞「グッドデザイン大賞」を受賞。管楽器の本格的な演奏感や表現力を気軽かつ身近に楽しめる新しいアコースティック管楽器です。

自動演奏機能付きアコースティックピアノ / C3X-ENPRO

鍵盤やペダルの動きを正確に再現する自動演奏機能を搭載したハイブリッドピアノ「Disklavier™」(ディスクラビア)の新シリーズ。多彩な自動演奏コンテンツでリスニングの楽しみを広げます。

⼤⼈のピアニカ / P-37E

ヤマハが初めて大人のために企画・開発したピアニカ。落ち着いたカラーにシンプルなデザインと、アコーディオンを彷彿とさせるおしゃれで深みのある⾳⾊が特徴です。

エレクトリックアコースティックギター / LJX26C ARE

ギター製作の職人が長年培った技術と経験をもとに制作されている「Lシリーズ26グレード」のカッタウェイモデル。ARTピックアップシステムを搭載し、ギター本体の豊かな胴鳴りを余すところなく伝えます。

アコースティックドラム / Absolute Hybrid Maple

「ハイブリッドシェル構造」が豊かな倍音と幅広い音調を実現。今回は、特殊な自動演奏装置を取り付けたコンセプトモデルを展示し、“生音”での自動演奏を披露します。

※試奏は出来ません。

「Yamaha Design Exhibition 2018 “Tracks”」概要

■テーマ:Yamaha Design Exhibition 2018 “Tracks”
■会期:2018年10月12日(金)~10月14日(日)
■時間:11:00~19:00 (12日(金)16:00~19:00はご招待者限定です)
■会場:六本木ヒルズ 大屋根プラザ
■入場:無料
■関連ウェブサイト
ヤマハ発動機株式会社<日本語版サイト>
http://global.yamaha-motor.com/jp/profile/design/events/tracks2018/

ヤマハ株式会社<日本語版サイト>
https://www.yamaha.com/ja/about/design/events_topics/tracks2018/

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ナイトロンジャパンは、大人気モデルのZ900RSに、カフェレーサースタイルを取り込んだ「Z9…
  2. 2018年7月16日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念…
  3. NEXCO東日本北海道支社は、北海道胆振東部地震からの観光復興応援として、より多くの人がお得…
  4. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
ページ上部へ戻る