こだわりのイタリアンブランド 「スピーディ」の哲学に迫る!

【ビッグマシン・ゼロ:文-沼尾宏明 写真-SPIDI/山内潤也】

実用的かつデザイン性に優れたアパレル群で世界から高い評価を受けているSPIDI。来日したセールス部門のトップに、ブランドの真髄を伺った。

SPIDIセールスディレクター シモーネ・フィンさん

イタリアのSPIDI本社から来日。セールス部門の責任者として、世界中にSPIDIを届ける戦略を担う。

40年の歴史を通じ、貪欲に「最高」を追求し続ける

’77年、バイク用グローブメーカーとしてイタリアで産声を上げたSPIDI(スピーディ)。今ではライディング用の総合アパレルブランドとして世界的に人気を博している。

「40年以上に及ぶ歴史の中で、一貫して機能性とデザインにこだわってきました」とシモーネさんは話す。「バイク用ですから、万一の際の安全性が最重要なのは言うまでもありません。SPIDIの製品は、欧州の安全規格であるCEの基準を超え、さらなる安全性を追求しています。

その上で、誰にも負けないイタリアンデザインに自信があります。例えば色や形状はもちろん、カッティングにもこだわり、着た時の格好いいシルエットを重視しています。さらに、何らかの機能性がプラスされているのがSPIDIの特徴です」

現在、同社がコンセプトを表すキーワードとして掲げているのが「RIDE TRUE」。実際のリアルなライディングに即した機能性を実現するため、研究開発を積極的に重ね、独自の新機構を続々と具現化している。独特なハニカム構造で衝撃吸収性と軽さを両立した「ウォーリア・テクノロジー」をはじめ、東レと共同開発したバイク用の透湿防水生地「H2アウト」、3Mの調査結果に基づくリフレクターなどが代表例だ。

独自のショック吸収構造「ウォーリア・テクノロジー」

▲様々なリサーチの末、SPIDIが導き出した衝撃吸収パッド。特殊な樹脂をブロック状に並べた独自構造を採用。衝撃が加わった際、すき間にブロックが広がり、穏やかにエネルギーを減衰させる。軽量な上に、柔軟性も抜群で、動いても体にフィットするのがメリット。

ウエアやグローブにも!

▲衝撃を受けやすい部位に採用。背部プロテクターのほか、ツナギやジャケットの肩&肘、グローブ、ブーツにも搭載される。通気性を持たせたタイプもあり。

東レと共同開発「H2 OUT」

▲日本の大手繊維メーカー、東レと共同開発したバイク用の透湿防水素材。ゴアテックスと比べて摩擦や風で繊維の網目が広がりにくいのが特徴で、200km/h超の風雨にも耐える強度と耐久/耐水性を持つ。もちろんSPIDI専用だ。

3Mと共同調査のリフレクター

▲世界的な素材&化学メーカーの3Mに、雨天や夜間の被視認性に関する調査を依頼。その結果に基づき、最適な色、反射材の位置&大きさなどをアパレルにフィードバックしている。

グローブのカーボンナックルガードも’95年という最初期から採用。着脱式インナーを備えたジャケットも今では一般的だが、これを他社に先駆けて導入したのもSPIDIだ。そもそも創立して間もない’78年にレース専用グローブを世界で初めて開発したのもSPIDIだ。

着脱インナーを世界初採用「ステップ イン クロージング」

▲着脱可能なインナー付きのバイク用ジャケットを初めて発売したのも同社。例えばメッシュジャケットも、防水または冬用インナーを買い足すことで全シーズンに対応できるのだ。

その安全性と機能性からK・ロバーツをはじめ、ローソン、マモラ、スペンサーら名だたるWGPライダーが愛用。同社にはライダーに対し、常に新しいモノを提案してきた歴史がある。

なぜ、ここまで機能性を追求するのか。根底にあるのは「安全」だ。「快適性を高めることで、ライダーは運転に集中でき、結果的に安全につながります。ライディングを妨げず、バイクを楽しめる状態でいられるギアは非常に大事だと思います」

そしてレザーにも徹底してこだわる。イタリアといえば革の文化が根付き、高品質な革製品で有名。中でもイタリア北部のヴィチェンツァは、欧州における大半のレザーを生産している。この地にSPIDIが創立から本社を置くのもレザーの中心地であるからに他ならない。ツナギや革ジャケットには、伝統のなめし技術で加工した最高級のイタリアンレザーを贅沢に使用。摩擦に強く、耐候性にも優れ、バイク用に最適だ。

「バイクに乗る上でベストな製品を追求しているブランドがSPIDI。日本のライダーの皆さんにも製品を通して、この想いを伝えたいです」とシモーネさんは目を輝かせた。

SPIDIの購入はWebikeにて!

日本国内では、Webike がSPIDI製品の販売窓口となる。Webike のネットショッピングで購入でき、豊富なラインナップからチョイス可能だ。

→SPIDIブランドページ

SPIDI 4シーズン

H2アウトを採用した全天候型。インナーの着脱により、マイナス10~30 度まで対応する。

【Webikeショッピング】
4シーズンジャケット 商品ページ

SPIDI ガレージ

マットな牛革を用いた上質なジャケット。肩、肘に着脱可能なCEプロテクターを備える。

【Webikeショッピング】
ガレージレザージャケット 商品ページ

SPIDI CARBO5

ウォーリア・テクノロジーやカーボンナックルガードを搭載した最新レーシンググローブ。

【Webikeショッピング】
CARBO5グローブ 商品ページ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 小柄な女性でも足つきの不安を解消! K-FACTORYから新型セロー250用のリンクプレー…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 初の冬季開催決定! 国内最大級のバイクイベント「2り…
ページ上部へ戻る