カワサキ・Z900RSが2連覇!バイク王 バイクライフ研究所「リセール・プライス」ランキング発表

※参考画像

バリエーションモデル「Z900RS CAFE」が2位に

バイクライフの楽しさやバイク市場の動向を広く社会に発信することを目的に活動を行う『バイク王 バイクライフ研究所』は、2018年6月~8月の期間を対象に、『再び売却した際、高値の付くバイク』=『”リセール・プライス”の高いバイク』上位10車種を発表した。

26回目となる今回は「カワサキ・Z900RS」が2連覇を達成。バリエーションモデル「Z900RS CAFE」も2位に続いた。傾向としては、2018年発売のニューモデルが多数ランクインしている。

以下プレスリリースより


総合ランキング

▲※対象期間2018年6月~8月

今回のランキングでは、首位に輝いたカワサキ・Z900RSのバリエーションモデルである『カワサキ・Z900RS CAFE』が2位にランクインしました。

当モデルはZ900RSをベースとし、ビキニカウルをはじめ、ブラックに塗装されたローポジションハンドル、ショートミラー、ツートーンシートなど各所に専用パーツを装備することで、クラシカルなカフェレーサースタイルに仕立てられています。2018年3月に国内販売が開始された当モデルですが、今回の対象期間では当研究所が規定する流通台数に達したこと、上質な車両が流通していることによりランクインしたものと推察されます。

また、今回のランキングでは、前期間(2018年3月~5月)と比べて上位10車種の平均ポイント数が8.1pt上昇しました。これは、過去3年の同期間比較(下表参照)に比べると格段に高い数値となります。

この要因として、今回の上位10車種のうちの過半数が2017年末~2018年3月の間に新発売およびフルモデルチェンジした車種となり、良質な車両が高値傾向で流通していることによるものと考えられます。

→排気量別ランキングなどその他詳細(公式サイト)

情報提供元 [ バイク王&カンパニー ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲N-VAN +STYLE FUN(エクステリア:ガーデングリーン・メタリック) Hondaの…
  2. コンセプトKXの発表でも大きな話題となったロイヤルエンフィールドから、270度クランク採用の…
  3. SCプロジェクトから、ヤマハ「YZF-R6 (‘17~19)」用スリップオンマフラーが登場し…
  4. ※記事内の画像はすべて、国内販売モデルと仕様が異なる場合があります。 カワサキEUは、「W…
ページ上部へ戻る