【新車】トライアンフ、2019年モデル「NEW Street Scrambler」を発表 自由と愉しみのために誕生したモデル

トライアンフは、2019年モデルとなる新しい「Street Scrambler」を発表した。

美しく個性的で愉しい、アクセシブルな新型Street Scramblerは、トライアンフの最も愛される真のモダンクラシックモデルの1つだ。
堅牢なオフロードのスタイルとクールな多用途性を備えたこのモデルは、2017年に発売されて以来、ユーザーとカスタマイザーの両方に受け入れられてきた。

世界初のトライアンフスクランブラー、Bonneville T120 TTとTR6 ‘C’が誕生した1960年代初頭からの比類なき伝統を継承しながらも、新型Street Scramblerは、パワーと仕様の大幅なステップアップ、クラス最高峰の新テクノロジー、そしてさらに高いレベルのフィニッシュと美しいスクランブラーのディテールにより、まったく新しい次元のパフォーマンスを提供する。

カラーはフュージョンホワイト、クランベリーレッド、カーキグリーン×マットアルミニウム(ジェットブラックのコーチライン付き)。

発売日、日本への導入は未発表。

NEW Street Scrambler

主な特徴

■強化されたパワーと性能

・65PSへの大幅な出力増加 10PS増(従来からピークパワーが18%増強)
・前世代よりも500rpm高い最高回転数を実現する高回転エンジン
・80Nmの最大トルク
・真のスクランブラーサウンド

■ライディング向上のためのハイスペック

・新しいBrembo製4ピストンフロントブレーキキャリパーによりブレーキ性能が向上
・新しい高性能カートリッジフロントフォークにより快適な走行性が実現
・幅広のバーハンドル、フォワードセットペグ、19インチフロントホイールによるダイナミックなスクランブラーエルゴノミクス
・オンロードまたはライトオフロードでも優れたグリップを発揮するデュアルパーパスタイヤ
・あらゆるライダーの身長に対応するアクセシブルなローシート高

■クラス最高峰の新テクノロジー

・新ライディングモード Road、Rain
・切り替え式ABSと切り替え式トラクションコントロール
・トルクアシストクラッチ
・LEDリアライト
・イモビライザーとUSB電源ソケット

■目的を持つ美しさ

・新しくより現代的なロゴ
・新しくよりプレミアムなインストルメントディスプレイ周り
・新しいアドベンチャー志向のシートフィニッシュ
・スクランブラースタイルの存在感とバランスをもたらす幅広のフロントフォーク
・特徴的で余分なものは取り除かれたスクランブラーの外観とディテール

■カスタマイズするために誕生したモデル

・120を超えるカスタムアクセサリー
・新しい‘Urban Tracker’インスピレーションキット

▼関連記事まとめ

情報提供元 [ Triumph Motorcycles ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ナイトロンジャパンは、大人気モデルのZ900RSに、カフェレーサースタイルを取り込んだ「Z9…
  2. 2018年7月16日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念…
  3. NEXCO東日本北海道支社は、北海道胆振東部地震からの観光復興応援として、より多くの人がお得…
  4. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
ページ上部へ戻る