2018新型Ninja400/250 vs ライバル サーキット全開テスト

エンジンパワーだけでは推し量れないハンドリングやシャーシの限界性能を確かめるためにサーキットでのラップタイム計測も実施。クラス王座の奪還を遂げることができるか新ニンジャの真価が試される! ※ヤングマシン2018年4月号(2月24日発売)より

新ニンジャ400がブッチギリの速さ!

0→1000m加速テストの次は、走りの総合性能を確かめるサーキットでのタイムアタックテストだ。使用したタイヤはすべて標準装着のもの。サーキット走行には空気圧が高すぎるため、CBR400Rと旧ニンジャ400の前後、YZF-R3はリヤのみ若干落としたが、それ以外は標準設定のままとした。

→全文を読む

情報提供元 [ Webヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. NEXCO中日本 東京支社および名古屋支社は、E1 東名高速道路全線開通50周年を記念して、…
  2. インディアンモーターサイクルは、 5月4日(土)に熊本県・三愛レストハウスで開催される「Lo…
  3. トライアンフのモダンクラシックシリーズの中で、ベーシックモデルと位置付けられる2台が、初のモ…
  4. 初開催の地で野崎・黒山・小川を中心に接戦を展開 日本モーターサイクルスポーツ協会(MF…
ページ上部へ戻る