【新車】キムコ、ヨーロピアンスタイルの新型ハイホイールスクーター「ターセリーS」シリーズを10/9に発売

キムコジャパンは、走行安定性に優れる大径ホイールを採用した、新型ハイホイールスクーター「TerselyS(ターセリーエス)125」および「TerselyS150」を10月9日(火)に発売すると発表した。

「ターセリーS」は前16インチ、後14インチの大径ホイールを採用し、石畳など平滑度の低い路面でも安定した走行を可能にしたハイホイールスクーター。
エクステリアは有機的な曲線とエッジを融合したエレガントなデザインとし、LEDヘッドライトなどにより先進的なイメージを取り入れた。エンジンはレーシングシリーズで定評のある空冷4バルブエンジンをベースとした新エンジンを採用。全モデル前後ディスクブレーキにABSを標準装備した。

またフルフェイスヘルメットも収納可能なシート下ラゲッジスペースや2つのUSB充電器などに加え、ウインドスクリーンやナックルガード、リアボックスなどを標準装備とし高い実用性を追求した。
カラーラインナップは深みのあるダークシルバーのボディにダークレッドのシート表皮を採用し高級感を高めたマットシルバークリスタルを設定した。
希望小売価格はターセリーS125が270,000円(税込)、ターセリーS150が291,600円(税込)。

以下リリースより

TerselyS125/150

希望小売価格
TerselyS125:270,000円(税込)/TerselyS150:291,600円(税込)

主な特徴

ヨーロピアンスタイル


「ターセリーS」は古い街並みが残る欧州で主流のハイホイールスタイルを採用、前16インチ、後14インチの大径ホイールにより、石畳や段差のある路面でも安定した走行を可能にしています。
背筋が伸びるライディングポジションによる見晴らしの良さ、大型ウインドスクリーンとナックルガードによる高い防風性、標準装備のリアボックスなど、実用性の高さとエレガントさ両立したヨーロピアンスタイルを採用しました。

エンジン


レーシングシリーズで定評のある空冷4バルブエンジンをベースに開発されたエンジンはEURO4を余裕でクリアする高い環境性能と優れた出力特性を実現。
125ccモデルで8.3kw(11.3PS)、150ccモデルでは10.3kw(14PS)という同クラスのスクーター用空冷エンジンとしては最高レベルの出力により市街地からバイパスまで、ゆとりある動力性能を発揮します。

サスペンション・ブレーキ


前16インチ、後14インチの大径ホイールにはそれぞれΦ260mmとΦ240mmのディスクブレーキを採用、標準装備のABSによってあらゆるシチュエーションで強力な制動力を発揮します。
サスペンションにはフロントにインナーチューブ径33mmの高剛性テレスコピック、リアにプリロード調整機構付きダブルスイングタイプを採用し、石畳など荒れた路面からの衝撃を効果的に吸収します。

ライティング


奥行きのある先進的デザインのLEDヘッドライトをはじめ、テールランプ、ウインカーなどにLED方式を採用、被視認性を高めるとともに省電力とメンテナンス性にも配慮しました。

ダッシュボード


マルチファンクションLCDメーターには、デジタルスピード、バーグラフ式タコメーター、トリップメーター、オドメーター、デジタル式電圧計、時計、バーグラフ式燃料計のほか、USB充電器の使用状況を表示。シート下のUSB充電器接続したスマートフォンなどの置き忘れを予防します。

ユーティリティー

「ターセリーS」は、フルフェイスが2つ収納可能でスマートフォンを2台同時に充電可能、着脱可能なスクリーンとナックルガード、リアボックスなど、コミューターに求められるあらゆる機能を標準装備しました。
【主な装備】
格納式荷掛けフック、蓋つきインナーポケット、メインスイッチからオープン可能でフルフェイスヘルメットも収納可能なシート下ストレージ、シャッター付きメインスイッチ、メインスイッチからオープン可能な給油口、ワイドタイプの格納式タンデムステップ、USB充電器使用警告灯、ハンドル部USB充電器、シート下USB充電器、大型フロントスクリーン、ナックルガード、SHAD製リアボックス。

情報提供元 [ KYMCO ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲N-VAN +STYLE FUN(エクステリア:ガーデングリーン・メタリック) Hondaの…
  2. コンセプトKXの発表でも大きな話題となったロイヤルエンフィールドから、270度クランク採用の…
  3. SCプロジェクトから、ヤマハ「YZF-R6 (‘17~19)」用スリップオンマフラーが登場し…
  4. ※記事内の画像はすべて、国内販売モデルと仕様が異なる場合があります。 カワサキEUは、「W…
ページ上部へ戻る