鈴鹿サーキットに2種類のバイクアトラクションが2019年3月に新登場

※画像はすべてイメージ

“転んだ数だけ成長できる”バイクエリアがスケールアップ

2019年3月、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)のバイクエリアがスケールアップして登場する。

このエリアには、スピード感を味わえるバイクでタイムアタックに挑戦する「モトファイター」と、モトクロスバイクをのりこなし様々な悪路を走破する「アクロバイク」が新登場。また、初めてのバイク体験に挑戦できる既存のアトラクション「キッズバイク」と「ピンキーバイク」もリニューアルされ、子どもたちがステップアップしていく過程を見守り、成長を体感できるエリアとなる。

以下プレスリリースより


新登場アトラクション

ベストタイムを叩き出せ!“モトファイター”

お子さまから大人まで、本気になってタイムアタックが楽しめるレーシングバイクです。S字やヘアピンといった国際レーシングコースの特徴を取り入れたコースを、アクセルワークや体重移動を駆使して走り抜け、最速のラップタイムを目指します。(対象:6歳~大人)

親子でデコボコ道を走破せよ!”アクロバイク“

鈴鹿サーキット初の立体的なオフロードコースを、オリジナルのモトクロスバイクに乗ってチャレンジします。デコボコ道や1本橋といった様々な難関セクションのクリアを目指します。(対象:5歳~大人)

リニューアルアトラクション

一人で挑む初めての挑戦“キッズバイク”

スタッフのサポートのもとお子さまが自分一人でバイクに乗れる人気のアトラクション「キッズバイク」が、より上手にバイクを乗りこなす練習ができる環境に生まれ変わります。

“止まれ”や“スラローム”といったセクションをクリアすると「S級ライセンスカード」がもらえます。(対象:3歳~小学生)

パパママといっしょに笑顔 “ピンキーバイク”

アクセルやブレーキといった、バイク特有の操作を体感できるアトラクション「ピンキーバイク」で、お子さまが初めてのバイクにチャレンジする姿を思い出に残していただけるよう、フォトエリアが登場します。(対象:3歳~小学生未満)

アトラクションへの思い

鈴鹿サーキットのアトラクションは、アクセルやブレーキが実際のバイクやクルマと同様に取り付けられている本格的なのりものでありながら、お子さまが安心・安全にお楽しみいただけるよう独自開発しています。

また、自分の力で上手に乗れる・操ることができるようスタッフが丁寧にサポートすることで、お子さまが能動的にチャレンジし、達成感を得ることによって自発性を育むきっかけを提供します。

お子さまの“できた!”という達成感が味わえるのりものの象徴であるバイクアトラクションを通して、幼児から小学生までのお子さまが段階を踏んで成長を実感していただけます。

情報提供元 [ 鈴鹿サーキット ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ナイトロンジャパンは、大人気モデルのZ900RSに、カフェレーサースタイルを取り込んだ「Z9…
  2. 2018年7月16日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念…
  3. NEXCO東日本北海道支社は、北海道胆振東部地震からの観光復興応援として、より多くの人がお得…
  4. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
ページ上部へ戻る