【新車】ヤマハ、キッズ向けファンバイク 「PW50」 2019年モデルを10/25に発売

上級オフロードレーサーの最新カラー&グラフィックイメージを採用

ヤマハ発動機は、オートマチックエンジン搭載のキッズ向けファンバイク「PW50」 2019年モデルを2018年10月25日より発売する。上級オフロードレーサー「YZシリーズ」 2019年モデルと共通イメージのカラー&グラフィックが採用された。

「PW50」は、体重25kg以下の子ども向けオフロード入門モデルで、初代から37年のロングセラーモデル。

主な特徴は、
1)運転操作が容易なオートマチックユニット
2)コンパクトで扱い易いボディ
3)メンテナンス負荷の少ないシャフトドライブ
4)自転車と同じ操作の左右レバー式ハンドブレーキ
など。

メーカー希望小売価格は167,400円(消費税8%含む)で、販売計画は100台(年間、国内)。

「PW50」2019年モデル

スペック

登録型式/原動機打刻型式 2SAH/3PT
全長/全幅/全高 1,245mm/610mm/705mm
シート高 475mm
軸間距離 855mm
最低地上高 95mm
車両重量 41kg
原動機種類 空冷・2ストローク
気筒数配列 単気筒
総排気量 49cm3
内径×行程 40.0mm×39.2mm
圧縮比 6.0:1
始動方式 キック式
潤滑方式 分離給油
エンジンオイル容量 0.30L
燃料タンク容量 2.0L(無鉛レギュラーガソリン)
吸気・燃料装置/燃料供給方式 キャブレター
点火方式 CDI(コンデンサ放電式)
バッテリー容量/型式
1次減速比/2次減速比 1.909/6.218
クラッチ形式 湿式, 遠心, シュー
変速装置/変速方式 オート
変速比
フレーム形式 バックボーン
キャスター/トレール 25°30′/50mm
タイヤサイズ(前/後) 2.50-10 4PR(チューブタイプ)/2.50-10 4PR(チューブタイプ)
制動装置形式(前/後) 機械式リーディングトレーリングドラムブレーキ/機械式リーディングトレーリングドラムブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/ユニットスイング
乗車定員 1名

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲N-VAN +STYLE FUN(エクステリア:ガーデングリーン・メタリック) Hondaの…
  2. コンセプトKXの発表でも大きな話題となったロイヤルエンフィールドから、270度クランク採用の…
  3. SCプロジェクトから、ヤマハ「YZF-R6 (‘17~19)」用スリップオンマフラーが登場し…
  4. ※記事内の画像はすべて、国内販売モデルと仕様が異なる場合があります。 カワサキEUは、「W…
ページ上部へ戻る