新型CRF450L国内仕様は24psで9/20発売、シート高は45mmダウン

2018年8月23日、ホンダがCRF450Rをベースに公道での走行に必要な保安部品等を装着したCRF450Lを国内で正式発表。欧州では5月28日に発表されていたが、国内仕様は独自のシート高となっていることが判明した。

価格は129万6000円で、Rの31万円3200円増し

CRF450LのLは、CRF250Lと同じLegal(=適法)のLで、公道走行に必要な保安部品を装着したモデルのこと。ただし、450Lは競技専用の450R=レーサーがベースとなっており、最初から公道用モデルとして開発された250Lとは血筋が異なる。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハのフラッグシップLMW・ナイケン。これまでヤングマシンで行ってきた徹底テストでその…
  2. 流行するネオクラシックの中でも「軽量&扱いやすいモデル」として人気を集める、日本とイタリアの…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット トライアンフは、2月16日(土)より 3月10日(日)…
  4. 車検レスの軽量スポーツ刀は、250㏄としては大柄だったものの、親しみやすさはシリーズ随一だ。…
ページ上部へ戻る