2018新型スーパーカブ110/50の試乗インプレッション

1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制に適合しつつ、従来型で角型だったヘッドライトをLED 式の丸目とするなど、“ニッポンのカブ”スタイルへと回帰したデザインが特徴だ。
※ヤングマシン2018年1月号(2017年11月24日発売)より

【〇】日本人が思い描く”カブ”に

エンジンの耐久性やシフトフィール向上、シートや操安性の改善などなど、新しいスーパーカブは従来型の車体を踏襲しつつ、じつに細やかな改良を施している。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. NEXCO中日本 東京支社および名古屋支社は、E1 東名高速道路全線開通50周年を記念して、…
  2. インディアンモーターサイクルは、 5月4日(土)に熊本県・三愛レストハウスで開催される「Lo…
  3. トライアンフのモダンクラシックシリーズの中で、ベーシックモデルと位置付けられる2台が、初のモ…
  4. 初開催の地で野崎・黒山・小川を中心に接戦を展開 日本モーターサイクルスポーツ協会(MF…
ページ上部へ戻る