H2Rの新作ウイングがデビルな件(3)

ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX-12Rから自社の航空宇宙カンパニーと共同でウイングの開発に取り組んできた。それが2017年型のH2Rで大幅な進化を遂げたというのが当コーナー1~2までの内容。そして、3回目の今回はダウンフォースを揚力に変えて空を飛ぶ企画だ。

逆発想!ウイングでバイクは飛ぶのか?!

2017年2月に神戸海洋博物館で、カワサキのモーターサイクルエンジンカンパニーと航空宇宙カンパニーが技術コラボして「空駆けるモーターサイクル」のコンセプトイメージを展示した。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. NEXCO中日本 東京支社および名古屋支社は、E1 東名高速道路全線開通50周年を記念して、…
  2. インディアンモーターサイクルは、 5月4日(土)に熊本県・三愛レストハウスで開催される「Lo…
  3. トライアンフのモダンクラシックシリーズの中で、ベーシックモデルと位置付けられる2台が、初のモ…
  4. 初開催の地で野崎・黒山・小川を中心に接戦を展開 日本モーターサイクルスポーツ協会(MF…
ページ上部へ戻る