H2Rの新作ウイングがデビルな件(3)

ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX-12Rから自社の航空宇宙カンパニーと共同でウイングの開発に取り組んできた。それが2017年型のH2Rで大幅な進化を遂げたというのが当コーナー1~2までの内容。そして、3回目の今回はダウンフォースを揚力に変えて空を飛ぶ企画だ。

逆発想!ウイングでバイクは飛ぶのか?!

2017年2月に神戸海洋博物館で、カワサキのモーターサイクルエンジンカンパニーと航空宇宙カンパニーが技術コラボして「空駆けるモーターサイクル」のコンセプトイメージを展示した。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ’19でユーロ4対応とともにスタイルを一新するモデルチェンジを受けたカワサキNinja ZX…
  2. 3月31日(日)に沖縄最大級のバイクイベント「カスタムマシンコンテスト2019 in ム…
  3. ※画像はイメージです。 全国の対象店舗で実施 NEXCO東日本/中日本/西日本(NEXCO3…
  4. 誕生経緯がよく似ている初代と新生カタナ 新生カタナが誕生するきっかけは、モトチクリスモ誌が…
ページ上部へ戻る