中須賀克行がMotoGP日本GPに特別カラーの「YZR-M1」でワイルドカード参戦

▲YZR-M1

2012年以来、7年連続7回目の日本GP出場

2018年10月21日(日)、栃木県のツインリンクもてぎで決勝が行われる2018 FIM MotoGP世界選手権シリーズ 第16戦 MOTUL日本グランプリに、中須賀克行選手が「YAMALUBE YAMAHA FACTORY RACING」からMotoGPクラスにワイルドカード参戦することが発表された。

参戦マシンは、今年の鈴鹿8耐を走行した「YZF-R1」と同じ赤・白の特別カラーを採用した「YZR-M1」。中須賀選手の日本グランプリ出場は、2012年以来7年連続7回目で、MotoGPクラスへの出場は、2位表彰台を獲得した2012年の第18戦バレンシアGPを含め通算9回目となる。

以下プレスリリースより


今回は、実戦を通じた開発評価に加え、赤・白の特別カラーを採用することで、「YZR-M1」のエッセンスを随所に取り入れた「YZF-R1」の20周年を広く伝えていくことが目的となります。

2018シーズンの中須賀選手は、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」から全日本ロードレース選手権のJSB1000に参戦し、ここまで6大会・9レースで8勝をマークしランキングトップに立っています。また7月末の鈴鹿8耐では、決勝は怪我により走行できなかったものの、アレックス・ローズ選手、マイケル・ファン・デル・マーク選手とともに、4連覇、通算8度目の優勝を獲得、個人でも8耐史上最多の4連覇を達成しました。

中須賀克行選手談

今年の日本グランプリも、YZR-M1の開発評価が目的になります。ただし今回は鈴鹿8耐と同様、YZF-R1の20周年を記念した赤・白のYZR-M1で出場します。

鈴鹿8耐は怪我で決勝を走れず、優勝の喜びこそありましたが、自らの走りでファンの皆さんに楽しんでもらえず悔しさがありました。日本グランプリは世界が注目する最高の舞台なので、できる限りファンの皆さんに楽しんでもらいながら、長年ともに戦ってきたR1の20周年を印象づけられるようしっかり走り切りたいと思いますので、ぜひご期待ください。

中須賀克行 プロフィール

出身地

福岡県

生年月日

1981年8月9日

主な成績

2018年:全日本選手権JSB1000 ランキング1位(第7戦終了時)
2017年:全日本選手権JSB1000 ランキング6位
2016年:全日本選手権JSB1000 チャンピオン
2015年:全日本選手権JSB1000 チャンピオン
2014年:全日本選手権JSB1000 チャンピオン
2013年:全日本選手権JSB1000 チャンピオン
2012年:全日本選手権JSB1000 チャンピオン
2011年:全日本選手権JSB1000 ランキング 5位
2010年:全日本選手権JSB1000 ランキング 4位
2009年:全日本選手権JSB1000 チャンピオン
2008年:全日本選手権JSB1000 チャンピオン
2007年:全日本選手権JSB1000 ランキング 4位
2006年:全日本選手権JSB1000 ランキング 9位
2005年:全日本選手権JSB1000 ランキング 12位
2004年:全日本選手権GP250 ランキング 5位
2003年:全日本選手権GP250 ランキング 8位
2002年:全日本選手権GP250 ランキング 5位
2001年:全日本選手権GP250 ランキング 20位
2000年:全日本選手権GP250ランキング 11位

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ナイトロンジャパンは、大人気モデルのZ900RSに、カフェレーサースタイルを取り込んだ「Z9…
  2. 2018年7月16日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念…
  3. NEXCO東日本北海道支社は、北海道胆振東部地震からの観光復興応援として、より多くの人がお得…
  4. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
ページ上部へ戻る