【新車】スズキ、軽量で高性能なスーパースポーツ「GSX-R125 ABS」カラーリングを変更し9/21に発売

スズキは、軽量で高性能なスーパースポーツバイク「GSX-R125 ABS」のカラーリングを変更し、9月21日より発売する。価格及び諸元に変更はない。

カラーバリエーションは「GSX-R1000R ABS」と共通イメージの大型「SUZUKI」ロゴデザインを採用した「トリトンブルーメタリック」と、「ブリリアントホワイト」、「タイタンブラック」の計3色。メーカー希望小売価格は386,640円(税込)。

GSX-R125 ABS

メーカー希望小売価格:386,640円(税込)

トリトンブルーメタリック

ブリリアントホワイト

タイタンブラック

GSX-R125 ABSの主な特長

エンジン・車体

・124cm3水冷・4バルブ・単気筒・DOHCエンジン。GSX-Rシリーズの解析技術を用いた燃焼室の最適化や、吸気効率の向上、燃料噴射の最適化などにより、最高出力11kW/10,000rpm、最大トルク11N・m/8,000rpmの出力性能と48.2km/L※1の燃費性能を実現。
・スムーズな出力伝達を可能にする6速マニュアルトランスミッションを採用。
・軽量・高剛性フレームと、GSX-Rシリーズの技術を投入して設計した、コンパクトな車体レイアウト。ショートホイールベースと、134kgの軽量・スリムなボディーにより、街乗りにおける扱いやすさや、ワインディングにおける高い操縦性を実現。
・セパレートハンドルによるスポーティーなライディングポジションと、785mmの低いシート高による良好な足つき性を実現。
・前面の表面積を縮小したカウリングにより空気抵抗を低減。

※1 国土交通省届出値:定地燃費値(60km/h)2名乗車時。定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。

デザイン

・GSX-Rシリーズを踏襲した軽量・スリムでスポーティーなフルカウルのスタイリング。
1)LEDを採用したGSX-Rシリーズ共通イメージの縦型2灯ヘッドライト
2)ハンドル位置を低くし、ヘッドライトを前方にレイアウトしたシャープなフロントカウル
3)「GSX-R1000R ABS」と共通イメージの大型「SUZUKI」ロゴデザインを採用した車体色「トリトンブルーメタリック」
・車体色は、青「トリトンブルーメタリック」のほか、白「ブリリアントホワイト」、黒「タイタンブラック」の計3色を設定。

装備

・前後輪にスポーティーな10本スポークの17インチ大径アルミ製キャストホイールと花弁形状のペータルブレーキディスクを装備。
・前・後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐABSを標準装備。※2
・長距離の走行に安心な大容量11Lの燃料タンク。
・フルデジタル表示の多機能メーター。
1)任意に設定したエンジン回転数に到達するとランプの点灯/点滅でシフトチェンジのタイミングを知らせるRPMインジケーター
2)一目でギアポジションがわかるギアポジションインジケーター
3)切替式のオドメーター/ツイントリップメーター
・鍵穴へのいたずらや盗難を抑止する、ワンアクション式シャッター付ステアリングロック。グローブをした状態や、夜間の鍵穴が見えにくい状況でも、シャッターを開ける際はキーマスコットを指定部に押し込み、閉める際はノブを操作するだけで開閉が可能。
・スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけで、スターターモーターを回転させてエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」を採用。また、ニュートラル時はクラッチレバーを握らなくても始動可能とした。

※2 ABSは制動距離を短くするためのシステムではありません。また、コーナリング中のブレーキングによる車輪の横滑りはコントロールすることができません。ABSを過信せずに安全運転を心がけてください。

【GSX-R125:Webike車種別情報】
スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る
【GSX-R125:新車・中古車】
新車・中古車の情報を見る

情報提供元 [ スズキ ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. ホンダは、「オフロードミーティング」の11月25日(日)開催分の参加申し込みを開始した。 …
  2. ※イメージ画像 KTMの正規ディーラー、丸富オート販売は、2018年10月13日(土)にK…
  3. ▲1290 SUPER DUKE GT ※Photographer : Schedl R. …
ページ上部へ戻る