2018新型セロー250を従来型と比較撮影、2psアップの内容も確認

2018年7月25日に正式発表された新型セロー250の撮影会が、8月に都内で実施されたので従来型と比較した。また、新たに得た情報も公開しよう。

規制に対応しても性能は同等以上に

平成28年排ガス規制が全面適用された2017年9月に生産を終了したセロー250が、規制に対応すると同時にXT250Xと同じリヤフェンダーやLEDテールランプを獲得して復活したのは既報の通り。
そして、スペックでは新型セロー250の最高出力が2psアップしていることが明らかになったが、kW表記では14kWのままで変わらず。この数字の内訳をヤマハに確認してみた。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る