「自賠責 切れていませんか?」国交省、自賠責制度広報・啓発活動を実施

国土交通省は、9月の1ヶ月間を「自賠責制度の広報・啓発期間」とし、自賠責保険への加入促進、無保険車運行の違法性の周知、自賠責保険制度の基本的な仕組みについての認識向上を目的に、関係機関・団体と協力して広報・啓発活動を行っている。

本年度は「自賠責 切れていませんか?」の標語の下、ポスター掲示・リーフレット配布や、関係業界等と連携した街頭広報活動を実施している。

自賠責保険は、道路を走る全てのクルマやバイクに加入が義務付けられており、交通事故被害者の救済に大きな役割をはたしているが、有効期限切れ等によって、自賠責保険に加入していない無保険車による交通事故が依然発生しており、無保険車の運行を無くすことが必要だ。

以下国交省発表より


平成30年度自賠責制度広報・啓発活動

■期間
平成30年9月1日(土)から9月30日(日)まで

■主な実施事項
(1)ポスター掲示・リーフレット配布
関係機関・団体や学校等において、自賠責制度の重要性や役割等を紹介するポスターの掲示及びリーフレットの配布を行います。

▲ポスター

(2)関係業界等と連携した街頭広報活動の実施
運輸支局において、地域の損害保険会社や代理店等と共同し、街頭における自賠責制度の広報・啓発活動を実施します。

自賠責制度の詳細

>>自賠責保険ポータルサイト

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る