「全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦 第50回 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿」が11/3に開催

鈴鹿サーキットは、11月3日(土・祝)・4日(日)に、「2018 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦 第50回 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿」を開催する。

「MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ」は日本国内のサーキットを舞台に、JSB1000、J-GP2、ST600、J-GP3の4クラスのレースを開催しており、ここ鈴鹿サーキットでのレースが今シーズンの最終戦となる。また、日本最高峰クラスのJSB1000クラスでは10周と20周の異なる展開が楽しめる2レース制で争われる。

以下リリースより

50回記念となる「MFJグランプリ」

ロードレースの「MFJグランプリ」を冠する大会は、今年で50回記念となり、河崎裕之さん、清原明彦さん、水谷勝さんなど、日本のロードレース界を牽引したレジェンドライダーを招いたデモレースや、日本のロードレースで活躍したマシンの展示など、節目の大会に相応しい数々のイベントを開催いたします。

バイク来場者だけが楽しめるスペシャルイベントも開催

レースの他、秋のツーリングシーズンの大会となるため、バイクでご来場いただいた方もお楽しみいただけるよう、レース後の夕闇の国際レーシングコースをご自身のバイクでクルージングいただける「サーキットナイトクルージング」をはじめとする参加型イベントも開催いたします。

チケットは9月9日(日)発売

本大会の各種チケットは、9月9日(日)10:00より、公式オンラインショップ(MOBILITY STATION)やコンビニなどで発売します。
往年のロードレースファンの方をはじめ、バイクツーリングの目的地としてもお楽しみいただける「MFJグランプリ 50回記念大会」にご期待ください。

開催概要

■大会名称
2018 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦 第50回 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿

■開催日程
11月3日(土・祝)・4日(日)

■開催クラス
JSB1000(2レース)、J-GP2、ST600、J-GP3

■併催レース
2018 MFJカップ JP250選手権

■開催場所
鈴鹿サーキット 国際レーシングコース(5.821km)

■主催
株式会社モビリティランド、一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)

■公認
国際モーターサイクリズム連盟(FIM)

■後援
スポーツ庁、観光庁、三重県、鈴鹿市、鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会、一般社団法人鈴鹿市観光協会、鈴鹿商工会議所

→全文を読む

情報提供元 [ 鈴鹿サーキット ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る