【OGA 小川裕之 コラム】エクストリームライダーシンガポール遠征 バイクショー出演&観光

【OGA 小川裕之:エクストリームバイク スタントライダー】

この前は、グロムの最も簡単なウィリーの習得方法を紹介しました。参考になったでしょうか?

【関連コラム】
◆初心者必見!10分で出来るウィリーのやり方【グロム編】

おそらく、これ以上リスクなくウィリーを覚える方法はないと思います。グロムのコンパクトさを最大限に利用した、ウィリーの練習方法でした。
今後はこのグロムを使ってアクセルターンとかジャックナイフとか解説していこうと思います。

エクストリームライダーの遠征の様子をリポート!

で、本題の今回のコラムですが、この前訪れていたシンガポールでの様子を紹介しようと思います。遠征先で毎晩夜なべをして頑張って作りました。(汗 
今回の遠征はシンガポールバイクショーという、日本でいう東京モーターサイクルショーみたいなイベントがあって、そこでエクストリームショーをやってきました。
ということで今回のテーマはエクストリームライダーの海外遠征の様子とシンガポールバイクショーの様子を紹介していきます。

大会ではなく、こういったショーの出演の遠征の時、スタントライダーは本気を出します!
というのも、早くバイクのセットアップを終わらせれば、残りの時間が自由時間になるからだ。つまり、観光ができる!!

観光するところはないなー!?

でも、実はシンガポールに来るのはこれで4度目。正直、有名な場所はほぼ行ったと思う。
一昨年は行くところがなくて、招待してくれたディーラーさんに連れていかれたのはユニバーサルスタジオシンガポール(USS)。つまり、日本でいうUSJ。

正直、この手の遊園地的なものには興味がなかったんだけど、行くところもなく渋々USSへ行った覚えがある。しかし、トランスフォーマーのアトラクションが楽しくて3回も乗ったのはここだけの話にしておいてほしい。
1回目乗ったときは、本気で死ぬかと思った。今の遊園地はホント凄いね!つまり、最終手段のUSSはもう二年前に使ってしまっている。

なので、行く前から観光するところはないなーと思っていたんです。

想像以上に楽しめた4度目のシンガポール

そんな気持ちで訪れた4度目のシンガポールでしたが、正直一番楽しく過ごすことができた。最近Youtubeの更新を始めた影響もあるけど、自力でいろいろと回ってみたら想像以上に楽しかった!
自分でバス乗って、切符買って電車乗って、シンガポールの好きなところをウロウロできた。もし、シンガポールへ行く予定がある人はぜひ参考にしてほしい。
周りに合わせる必要がなく、自分の好きな時に、好きな場所へ行ける。ツアーガイドが居ない分、不便もあるけど、目的にたどり着けたときの達成感もあるし、本当におすすめします。修学旅行のようなアドベンチャーが待っていたよ!

そして、今回の遠征のスケジュールはこんな感じだ。ちなみに、バイクに関係のない動画が多いので、エクストリームショーの様子だけ見たい人は8日目だけみてくれ!
それでは暇つぶしにご覧ください!

■滞在スケジュール

1日目 移動日 夜にシンガポール到着
2日目 バイクセットアップ、バイク屋紹介
3日目 フリー
4日目 午前フリー/午後ジュリアンのバイクセットアップ
5日目 練習
6日目 フリー
7日目 ショー1日目 シンガポールバイクショーの様子
8日目 ショー2日目 エクストリームショーの動画
9日目 バイク片付け/夜の便で帰国

【シンガポール遠征1日目】移動日。ブラックサンダーに癒される。

とりあえず、成田からシンガポールのチャンギ国際空港へ。その後タクシーでホテルへ。この動画は見どころが特にないので正直見なくてもいい。苦肉の策でブラックサンダーをネタにしている。(笑

【シンガポール遠征2日目】マシンセットアップ&バイク屋紹介

滞在二日目は早速バイクのセットアップから。シンガポールには超優秀なメカニックがいて、超爆速で整備を手伝ってくれる!空いた時間で、バイク屋さんの紹介もしてみたよ。

【シンガポール遠征3日目】電車とバスで行くシンガポール観光

シンガポールは東京23区と同じくらいの大きさで、都市国家。東京23区がそのまま国になったような感じの国です。
有名なのはがっかりスポットとして有名なマーラインや、SMAPがCMをしていたことで知られているマリーナベイサンズというホテルでしょうか。ただ、マーライオンの場所は昔とは異なっていて、背景にはビル群、正面にはマリーナベイサンズと今のシンガポールの状況をわかりやすく伝える良い場所になっていると思います。

【シンガポール遠征4日目】バスで行くお寺巡り観光

この日のテーマはお寺、寺院巡り。午後にはジュリアンがフランスからくるので、それまで時間が開いているので、お昼過ぎまで観光へ!
シンガポール人のやさしさに触れることのできた、素敵な観光だった。昨日覚えたバスを駆使して、シンガポールを自由に駆け巡るよ!さらに、面倒をかけたくなかったので、バイク屋さんまでバスで自力で行ってみた。(笑

【シンガポール遠征5日目】シンガポールのモーターサイクルショー公式練習日

シンガポールは明るい北朝鮮と呼ばれるほど、政府が非常に強力な統率力をもっていて、国民は厳しい取り締まりや法律におびえている。なので、エクストリームを練習する場所が全くないのだ。なので、準備日としてエクスポが解放されるこの日だけが練習できる唯一の日となる。
この日だけで何とかバイクの調子を合わせなければならない!

【シンガポール遠征6日目】シンガポールの観光 ジュリアンのツアーガイド

6日目は観光をしてないジュリアンを僕がバスでエスコート。もはやツアーガイドである。この旅、二度目のマーライオンを拝む。正直もういきたくない。(涙

【シンガポール遠征7日目】シンガポールバイクショー初日

エクストリームショー出演一日目。今回の動画ではシンガポールバイクショーの会場の様子を紹介していきます!ライディングシーンは次回の動画で沢山紹介します!

【シンガポール遠征8日目】シンガポールバイクショー最終日!
[Singapore bike show]

イベント最終日の今回はスタントショーの様子をメインに作りました!エクストリームだけ見たい人はこの動画だけ見ておいてください!

【シンガポール遠征9日目】シンガポール滞在最終日

午前中はバイクの片づけ。夜のフライトまで時間があったので、国立博物館に行ったり、繁華街を散策したりしてちょっと観光もしました。シンガポールの歴史をもっと知りたくなった。

※練習する際はクローズドされた場所で行い、公道では行わないようにお願いいたします。練習での転倒や怪我はすべて自己責任となります。

→小川裕之 コラム一覧

小川 裕之

小川 裕之 エクストリームバイク スタントライダー

投稿者プロフィール

アメリカ、ヨーロッパ、アフリカの最高峰の大会で表彰台獲得を達成した唯一の日本人ライダー。
海外参戦9年目となり、海外の大会参戦やイベント出演の回数は50回を超え、2014年~2017年には海外大会において日本人最高位獲得。名実ともに日本人トップライダーとなる。
また、インド、シンガポール、インドネシア、ベトナムなどのアジア諸国にも招待されショーを行うなど、アジア諸国からも評価が高く、その活動の範囲は日本国内はもとよりアジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、中東とグローバルに広がっている。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る