【OGA 小川裕之 コラム】初心者必見!10分で出来るウィリーのやり方【グロム編】

【OGA 小川裕之:エクストリームバイク スタントライダー】

すみません、一か月くらいコラムを投稿できていませんでした(汗
というのも、実はシンガポール遠征と国内もショーで遠征があったりと、記事を書く時間が全くありませんでした(汗
遠征中は度々こうなってしまいますので、あらかじめご了承ください。

これならできるかも!?技がやりやすいグロムで解説

さて、いままで僕のコラムでは、トライアンフのストリートトリプルを使っていろいろとトリックの解説をしてきました。でも正直、ハードルが高かったですね(汗
自分のバイクでやろう!って思う人は正直あまり多くなかったと思う。正直プロライダーとしてバイクに乗っている僕ですら、完全ノーマルの大型バイクでエクストリームの技をやるのはかなりの集中力とプレッシャーを感じます。

ということで、今回からはレベルを一番低いところまで下げ、エクストリームの技が比較的やりやすいグロムを使って解説をしていくよ!これならみんなも「できるかも!?」って思ってもらえると思う。
正直このグロムには撮影で二日間しか乗らなかったけど、僕自身とても気に入ってしまって、後日グロムを買ってしまったんだ(笑
だから、今僕はグロムオーナーです。ちなみにナンバーも取って街乗りバイク件Youtube動画用バイクとしてとても気に入っています♪

それくらい、グロムは技がやりやすい。バイクの車重が軽くて、アクセルも程よいパワーでコントロールしやすい。車体が小さいので、バランスポイントが少し狭いけど、練習をしていけばだんだん慣れていくのでそんなに大きな問題ではありません。

一番簡単なウィリーの練習方法

さらに、グロムの最大のポイントは足つき性が良い点です。この特性を生かしてウィリーをするときに、左足を補助輪のような形で出して、ウィリーの練習をすることができます。

ちなみに、海外ではファグドラッグウィリー(Fag Drag Wheelie)って呼ばれていますね。おそらくこの方法が一番簡単なウィリーの練習方法となります。補助足を使うことで、安定角の維持が容易になり、右足はリアブレーキに集中することができ、左右のバランスも補正され、ウィリーの難易度がぐっと下がります。

グロムのような小さいバイクをお持ちの方は、ぜひこの方法を試してみてください!
バイクの競技経験が豊富なライダーの場合、最短で10分くらいで出来るようになった方もいます。

やり方は動画で詳しく解説していますので、暇つぶしにご覧ください。
それでは、暇つぶしにどーぞ!!

※練習する際はクローズドされた場所で行い、公道では行わないようにお願いいたします。練習での転倒や怪我はすべて自己責任となります。

→小川裕之 コラム一覧

小川 裕之

小川 裕之 エクストリームバイク スタントライダー

投稿者プロフィール

アメリカ、ヨーロッパ、アフリカの最高峰の大会で表彰台獲得を達成した唯一の日本人ライダー。
海外参戦9年目となり、海外の大会参戦やイベント出演の回数は50回を超え、2014年~2017年には海外大会において日本人最高位獲得。名実ともに日本人トップライダーとなる。
また、インド、シンガポール、インドネシア、ベトナムなどのアジア諸国にも招待されショーを行うなど、アジア諸国からも評価が高く、その活動の範囲は日本国内はもとよりアジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、中東とグローバルに広がっている。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. Team KAGAYAMAは、全日本ロードレース選手権シリーズ最高峰であるJSB1000クラ…
  2. トリックスターは「Webike Tati Team TRICK STAR」で『2018-19…
  3. ※記事内画像は日本仕様と異なる場合があります。 V7 III Stoneをベースとした…
ページ上部へ戻る