ホンダ、「トニー・ボウ」がトライアル世界選手権で12連覇を達成

2018 FIMトライアル世界選手権シリーズ第7戦イギリスGP(9月2日開催)において、ホンダ・レーシング(以下HRC)の契約ライダーで、ワークスチームであるレプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)のトニー・ボウが優勝した。
12年連続12回目のシリーズチャンピオンが決定した。

※FIMとは、Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称

Xトライアル世界選手権でも12年連続チャンピオン

トニー・ボウは、2007年にHRCのワークスマシン「Montesa COTA 4RT」で初の世界チャンピオンを獲得して以来連覇を重ね、人工セクションを走破する屋内競技であるXトライアル世界選手権の2018年シーズンでも12年連続のチャンピオンに輝いている。

今シーズンは、開幕前に行われたXトライアル世界選手権での負傷の影響が心配されたが、開幕戦スペインGPで優勝。その後、第2戦日本GP(2レース制)では4位、2位に終わるも、第3戦から第6戦まで優勝を重ね、また第4戦ポルトガルGPではトライアル世界選手権通算100勝を達成するなど、負傷の影響を感じさせることなく、圧倒的な強さを発揮。
最終戦のイタリアGP(9月16日開催)を待たずにシリーズチャンピオンが決定した。

トニー・ボウのコメント

今日はとても特別な日になりました。今日のレースは簡単ではなく、ミスが許されず、難しいセクションであっても、果敢に攻めていかなければなりませんでした。神経質になり、重圧と戦いながらのレースでしたが、チャンピオンを獲得すべく全力を尽くし、勝つことが出来ました。今シーズンは怪我の影響がある中でのスタートでしたが、何とか乗り越えることが出来ました。チームと関係者、そして声援を送ってくれたファンの皆さんに感謝いたします。

ホンダ・レーシング 代表取締役社長 野村欣滋のコメント

シーズン前の負傷があったにも関わらず、変わらぬパフォーマンスで、チャンピオンを獲得したトニー・ボウ選手の栄誉を称えたいと思います。そしてボウ選手自身の11連覇という記録を破り、12連覇を達成するために、尽力してくれたチームスタッフ、そしてレース活動を支えてくれた多くのスポンサーと、世界中のトライアルファンに感謝いたします。今後もホンダ・レーシングは、モータースポーツファンと感動を共有できるレース活動を目指し、取り組んでまいります。

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲F4クラウディオ MVアグスタは、モーターサイクルジャーナリスト・和歌山利宏氏のEICM…
  2. ハリケーンは、CBR1000RR('17- SC77)用セパレートハンドルを12月末頃に、G…
  3. ドゥカティは、走行距離に応じてオリジナルグッズをプレゼントするキャンペーン「Mileage …
  4. ダイネーゼ&AGVは、11月15日より期間限定で、年末の特製福袋の予約受注を開始した。 …
ページ上部へ戻る