ホンダコレクションホール、市販車のデモ走行を9/24・レーシングマシンの走行確認テストを9/27に開催

ツインリンクもてぎ内の「ホンダコレクションホール」は、開館20周年記念した市販車の展示・デモ走行を9月24日(月・振休)、およびレーシングマシンの公開走行確認テストを9月27日(木)に開催する。

ホンダコレクションホール開館20周年記念
時代を彩った市販製品60台が一挙デモ走行

■日時
9月24日(月・振休)10:00~16:00
※雨天時は9月25日(火)に延期

■場所
ツインリンクもてぎ 南コース 特設会場

■料金
無料 (別途ツインリンクもてぎ入場・駐車料金がかかります)

■ゲストライダー/ドライバー(予定)
【ゲストライダー】
伊藤真一(元Hondaワークスライダー)
高橋裕紀(「MORIWAKI MOTUL RACING」より全日本ロードレース選手権JSB1000クラス参戦中)

【ゲストドライバー】
道上龍(「Modulo Drago CORSE」チーム代表兼ドライバーとしてSUPER GT GT300クラス参戦中)
中嶋大祐(「TEAM MUGEN」よりSUPER GT500クラス参戦中)

■主なプログラム
・個性派原付バイク デモ走行と展示~原付バイク9台をライダー/ドライバー/安全インストラクターで同時デモ走行
使用車両:CT50(1968年)、WHITE DAX(1972年)、ゴリラ(1978年)、モトコンポ(1981年)、モトラ(1982年)、BEAT(1983年)、ROADFOX(1984年)、JAZZ(1986年)、ZOOK(1990年)、ドリーム50(1997年)

・レーサー同乗体験走行 お子様限定6名様予定<会場で決定>
車両:NSX-R等
時間:デモ走行終了後(プログラム進行状況により短縮・中止させて頂く場合があります)

・F1マシン マクラーレンHonda MP4/5 コクピット乗車記念撮影会開催
時間:10:00~16:00
場所:ホンダコレクションホール 中庭ミニコース

>>詳細はホームページをご覧ください

レーシングマシンの動態コンディションをテストする
「収蔵車両走行確認テスト」

▲RC211V(2002年)

コレクションホールが収蔵するF1・WGPマシンの公開走行確認テストを行います

■日時
9月27日(木)10:30~15:00
※雨天時は9月28日(金)に延期

■場所
ツインリンクもてぎ 南コース 特設会場

■料金
無料 (別途ツインリンクもてぎ入場・駐車料金がかかります)

■見学場所
南コースエリア外、上段歩行者エリア

【ホンダコレクションホール 収蔵車両走行確認テスト予定車両】

(1)RC149(1966年)
125cc/5気筒という独創のエンジンレイアウトを採用しシーズン5勝を挙げ、ルイジ・タベリが年間チャンピオン獲得。

(2)RC164(1963年)
250cc/4気筒レイアウトを採用。鈴鹿で行われた日本初のWGPで優勝すると共にシーズン4勝を挙げジム・レッドマンが年間チャンピオン獲得。

(3)RC174(1966年)
フルスケールの排気量ではなかったが、トータルバランスに優れ、マイク・ヘイルウッドが年間チャンピオン獲得。

(4)RC181(1967年)
500cc/4気筒レイアウトを採用。MVアグスタとの激しいチャンピオン争いの中でシーズン5勝を挙げるものの惜しくもチャンピオン獲得には至らなかった。

(5)NS500(1984年)
フレディ・スペンサーは初代NSR500の熟成不足もあり2戦をNS500で戦い2戦とも勝利を挙げた1984年のNS500はHondaにとってのスーパーサブマシンでもあった。

(6)RC211V【999cc】(2002年)
MotoGP™元年、2ストローク500ccとの混走となったMotoGP™クラスはバレンティーノ・ロッシが11勝を挙げ年間チャンピオンを獲得。

(7)RCB1000【1000cc】(1976年)
WGP休止8年を経てHondaがヨーロッパ耐久シリーズに参加しデビューウィンを始め8戦中7勝を挙げ余りの強さに【不沈艦隊】と呼ばれた。

(8)RS125RW【125cc】(2003年)
シーズンを通して連勝するライダーがいないという大乱戦の中ダニ・ペドロサが5勝を挙げチャンピオンを獲得した。

(9)RS250RW【250cc】(2004年)
ダニ・ペドロサがシーズン7勝を挙げてデビューイヤーにチャンピオンを獲得前年の125ccクラスタイトルに続く、2クラスにまたがる2年連続のタイトル獲得であった。

▲NS500(1984)

>>詳細はホームページをご覧ください

情報提供元 [ ツインリンクもてぎ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  2. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  3. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
  4. ドレミコレクションから、Z900RS用ローハンドルバー「Dコンチハンドル」が登場した。 ス…
ページ上部へ戻る