【新車】スズキ、4ストロークモトクロッサー「RM-Z450」のカラーリングを変更し9/6に発売

デカールのカラーリングが変更

スズキは、4ストローク449cm3モトクロッサー「RM-Z450」のカラーリングを変更し、2019年モデルとして9月6日(木)より発売する。

RM-Z450は、2005年にスズキ初の4ストローク市販モトクロッサーとして登場。その後2008年にモトクロスマシンでは初のフューエルインジェクションシステムを搭載。以降も各部の見直しが行われ、2015年にはスズキホールショットアシストコントロール(S-HAC)を装備。パフォーマンスレベルを高めて熟成を重ね、2018年には外観を含め全面刷新された。

今回発売される2019年モデルでは諸元や価格に変更はなく、デカールのカラーリングが変更された。前年モデルと比較すると、淡いブルーのラインがレッドラインに変更されており、同色であるスズキロゴとの親和性が高まっている。

↓クリックで拡大し、左右キーまたはスワイプ操作で比較できます。

▲2018年モデル

▲2019年モデル

「RM-Z450」2019年モデル

メーカー希望小売価格:907,200円(税抜:840,000円)

車体色:チャンピオンイエロー№2 (YU1)

RM-Z450の主な特長

ワークスマシンによって培われた先進技術をフィードバック

■エンジン

吸気系の変更により、エンジン出力とスロットルレスポンスを向上。スズキホールショットアシストコントロール(S-HAC)を採用。

■フレーム

「走る・曲がる・止まる」の基本性能を高めるべく開発され、特に「曲がる」性能の強化に重点をおいて開発されたアルミフレームとスイングアームを採用。

■サスペンション

フロントサスペンション:コイルスプリングを採用。
リヤサスペンション:バランスフリーリヤクッション(BFRC)を採用。

■デザイン

フロントフェンダーからシェラウドにつながるMXGP マシンと同様のキャラクターラインを持つデザイン。

※スズキ・ホールショット・アシスト・コントロール(S-HAC)
スタート状況に応じたモードスイッチの選択により、ホールショット獲得及びスタート後のトップ走行を狙いとした機構。A/B/オフの3つのモードから選択が可能。スタートからその後の状況を3つに分解し、各々の段階において最適化を実現した。

情報提供元 [ スズキ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. キャンプツーリングにオススメバイク特集第2弾!! ウェビックユーザーがオススメする【キャン…
  2. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
  3. SHOEIは、「Z7」ヘルメットのニューグラフィックモデルを12月に受注限定で発売することを…
  4. ’04年にZ750がデビュー。’13年にZ800へと進化したZシリーズのミドルモデルが、昨年…
ページ上部へ戻る