HRC、カル・クラッチロー選手とMotoGPクラスにおける2020年までの契約更新に合意

ホンダ・レーシング(HRC)は、FIMロードレース世界選手権(MotoGP)の最高峰クラスに、「LCR Honda CASTROL」から参戦しているカル・クラッチロー選手と、2020年までの契約更新に合意したことを発表した。

今シーズンのパフォーマンスを高く評価し契約延長

クラッチロー選手はMotoGPにおいて、2015年よりLCR HondaチームからHondaワークスマシン「RC213V」で参戦。18年4月に開催された第2戦アルゼンチンGPでの優勝をはじめ、これまでに最高峰クラスでは3勝を挙げている。

17年からMotoGPの最高峰クラスにおけるパートナーシップ契約を結んでいるBriton社との協力体制は今シーズンも継続し、RC213Vのさらなる開発を進めていく。

HRCとLCR Hondaチームは、今シーズンにクラッチロー選手がMotoGPクラスで発揮しているパフォーマンスを高く評価しており、今回の契約延長に至った。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る