HRC、カル・クラッチロー選手とMotoGPクラスにおける2020年までの契約更新に合意

ホンダ・レーシング(HRC)は、FIMロードレース世界選手権(MotoGP)の最高峰クラスに、「LCR Honda CASTROL」から参戦しているカル・クラッチロー選手と、2020年までの契約更新に合意したことを発表した。

今シーズンのパフォーマンスを高く評価し契約延長

クラッチロー選手はMotoGPにおいて、2015年よりLCR HondaチームからHondaワークスマシン「RC213V」で参戦。18年4月に開催された第2戦アルゼンチンGPでの優勝をはじめ、これまでに最高峰クラスでは3勝を挙げている。

17年からMotoGPの最高峰クラスにおけるパートナーシップ契約を結んでいるBriton社との協力体制は今シーズンも継続し、RC213Vのさらなる開発を進めていく。

HRCとLCR Hondaチームは、今シーズンにクラッチロー選手がMotoGPクラスで発揮しているパフォーマンスを高く評価しており、今回の契約延長に至った。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 流行するネオクラシックの中でも「軽量&扱いやすいモデル」として人気を集める、日本とイタリアの…
  2. ※画像は公式サイトのスクリーンショット トライアンフは、2月16日(土)より 3月10日(日)…
  3. 車検レスの軽量スポーツ刀は、250㏄としては大柄だったものの、親しみやすさはシリーズ随一だ。…
  4. ドゥカティジャパンは、2月15日(金)より「Customize Your Ducati / …
ページ上部へ戻る