アクラポヴィッチ版モトボット?! シャーシダイナモ用ロボットが登場

2018年8月1日、スロベニアのマフラーメーカー、アクラポヴィッチが新しい「DURABILITY(耐久) DYNO」を発表した。シャーシダイナモ自体は珍しいものではないが、なんとバイクに乗っているのはロボット。ヤマハのモトボットのようにアクセルやクラッチなどを操作するのだ。

ロボットが乗って耐久テストを実施

リヤタイヤがローラーを回すことでエンジン出力を測定するシャーシダイナモは、前輪止めとタイダウンなどで固定したバイクを人間が操作するのが普通だ。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【GPX DEMON150GR】 ディテール&試乗インプレッション ”GPX”というバイ…
  2. ドゥカティは、新型となる「Diavel 1260」を発表した。日本での発売は6月が予定されて…
  3. ■大会名:2019筑波ロードレース選手権シリーズ第1戦 ■開催日:2019年3月9日(土)…
  4. 岡田商事は、3月22日(金)から開催される「第46回 東京モーターサイクルショー」の出展概要…
ページ上部へ戻る