ヤマハ、シティコミューター「NMAX」が「グッド・デザイン・インドネシア」を受賞

グローバルモデル「NMAX」

ヤマハ発動機のシティコミューター「NMAX」が、インドネシアのデザイン賞第2回「グッド・デザイン・インドネシア」のトランスポーテーション部門を受賞した。同賞は同社として初受賞となった。

「NMAX」は、“Active & Comfort Style”をデザインコンセプトに、スポーツコミューター・MAXシリーズを感じさせる独創的なスタイリングで新しい価値を提供している。コンパクトボディがもたらす軽快なハンドリングに、広々としたフットボードによる快適なライディングポジション、さらに防風効果や大容量燃料タンク等の実用性も調和。
グローバルモデルとして、アセアン・先進国市場など世界各国で導入されている。

インドネシア商業省が主催するデザインコンテスト、「グッド・デザイン・インドネシア」は、日本のグッドデザイン賞を運営する日本デザイン振興会との連携のもと、インドネシア製品のデザイン振興を目的として20017年より開催されている。
なお同社が本コンテストにエントリーしたのは初めて。

[ヤマハ発動機デザインアワードサイト]
>>https://global.yamaha-motor.com/jp/profile/design/awards/

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る