Ninja H2が世界記録「337.064km/h」を樹立!世界最速に挑むボンネビルスピードウィークでTeam38が勝利を掴む

▲参考画像:Ninja H2 2019年モデル

世界最速記録「時速337.064km」を樹立!

川崎重工は、世界最速に挑むモータースポーツイベント「ボンネビルスピードウィーク」で、同社のフラッグシップモデル「Ninja H2」で出走し、世界記録を樹立したことを発表した。

参戦したのは、川崎重工の開発者やテストライダーなどで結成されたレーシングチーム「Team 38」。2018年8月11日から17日にかけてアメリカ・ユタ州で開催されたボンネビルスピードウィークのP-PB 1000クラスに出走し、世界最速記録となる時速209.442マイル (時速337.064km)を樹立した。

→公式発表 全文を読む

参考:Ninja H2 2019年モデル

※記事内の参考画像は全て、国内販売される車両と仕様が異なる場合があります。

【関連ニュース】
カワサキ、「Ninja H2/Carbon」「Ninja H2R」2019年モデルを発売 H2はスマートフォン接続機能などを改良

情報提供元 [ 川崎重工 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. Team KAGAYAMAは、全日本ロードレース選手権シリーズ最高峰であるJSB1000クラ…
  2. トリックスターは「Webike Tati Team TRICK STAR」で『2018-19…
  3. ※記事内画像は日本仕様と異なる場合があります。 V7 III Stoneをベースとした…
  4. ホンダの軽バン「N-VAN(エヌバン)」が、第28回(2019年次)RJCカーオブザイヤー特…
ページ上部へ戻る