ヤマハ、AMAモトクロス250MXでプレシンジャー選手がAMAスーパークロスに続きチャンピオンを獲得 

シーズン2冠を達成

2018年8月18日(土)、アメリカ・メリーランド州で行われたAMAモトクロス第11戦バッズクリーク大会で、「Monster Energy/Yamalube/Star/Yamaha Racing」からYZ250Fで250MXに参戦するアーロン・プレシンジャー選手が、最終戦(第12戦)を待たずして自身初のチャンピオンを獲得した。
今年5月に終了したAMAスーパークロス250SXウエストでもチャンピオンを獲得していることから、プレシンジャー選手はシーズン2冠を達成したこととなる。

プレシンジャー選手は2015シーズンにAMAスーパークロスに続きAMAモトクロス250MXへデビューすると、最終戦での初優勝などでランキング6位を獲得。続く2016シーズンはランキング5位、昨シーズンはランキング4位と確実にステップアップしてきた。

今シーズンは、序盤こそライバルとの一進一退が続いたが、第4戦では第2戦に続きMoto1とMoto2の両方で優勝するパーフェクトウィンを飾りランキングトップへ浮上。第5・6戦は優勝を逃したが、第7・8戦と連続でパーフェクトウィンを達成して一気にリードを拡大。
その後も安定した強さを見せ、迎えた第11戦ではMoto1でシーズン9勝目を獲得。11大会22レースで14度のトップ3入りを果たし、デビューから4シーズン目にしてチャンピオンに輝いた。

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 首都高速道路は、12月1日(土)にお台場にあるデックス東京ビーチ3Fシーサイドデッキにて実施…
  2. ▲F4クラウディオ MVアグスタは、モーターサイクルジャーナリスト・和歌山利宏氏のEICM…
  3. ハリケーンは、CBR1000RR('17- SC77)用セパレートハンドルを12月末頃に、G…
  4. ドゥカティは、走行距離に応じてオリジナルグッズをプレゼントするキャンペーン「Mileage …
ページ上部へ戻る