ヤマハ、AMAモトクロス250MXでプレシンジャー選手がAMAスーパークロスに続きチャンピオンを獲得 

シーズン2冠を達成

2018年8月18日(土)、アメリカ・メリーランド州で行われたAMAモトクロス第11戦バッズクリーク大会で、「Monster Energy/Yamalube/Star/Yamaha Racing」からYZ250Fで250MXに参戦するアーロン・プレシンジャー選手が、最終戦(第12戦)を待たずして自身初のチャンピオンを獲得した。
今年5月に終了したAMAスーパークロス250SXウエストでもチャンピオンを獲得していることから、プレシンジャー選手はシーズン2冠を達成したこととなる。

プレシンジャー選手は2015シーズンにAMAスーパークロスに続きAMAモトクロス250MXへデビューすると、最終戦での初優勝などでランキング6位を獲得。続く2016シーズンはランキング5位、昨シーズンはランキング4位と確実にステップアップしてきた。

今シーズンは、序盤こそライバルとの一進一退が続いたが、第4戦では第2戦に続きMoto1とMoto2の両方で優勝するパーフェクトウィンを飾りランキングトップへ浮上。第5・6戦は優勝を逃したが、第7・8戦と連続でパーフェクトウィンを達成して一気にリードを拡大。
その後も安定した強さを見せ、迎えた第11戦ではMoto1でシーズン9勝目を獲得。11大会22レースで14度のトップ3入りを果たし、デビューから4シーズン目にしてチャンピオンに輝いた。

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る