世界一のヤマハ二輪整備士を決める2年に1度のイベント「WTGP2018」が10/17に開催

日本製バイクの信頼性もアピール!認定整備士世界大会

ヤマハ発動機は、2002年から開催している世界一のヤマハ二輪整備士を決める世界大会「WORLD TECHNICIAN GRAND PRIX 2018」(以下、WTGP2018)を、10月17日(水)にヤマハ発動機本社で2年ぶりに開催することを決定した。また、開催決定に伴い、WTGP2018の特設サイトもオープンされている。

WTGP2018は、ヤマハ独自の世界統一基準による整備士教育プログラム「YTA※1」に合格した認定整備士が集い、世界一のヤマハ二輪整備士を決める世界大会。2002年の第一回大会を皮切りにこれまで7回開催されており、今年のWTGP2018が8回目の開催となる。

▲2016年大会の様子

なお、この世界大会に先駆けて、世界で約34,000人のYTA認定整備士の中から各国地域の代表を決める予選大会が行われる。国や地域によって参加人数は異なるが、先日7月4日(水)に開催された日本大会決勝では、約2,200人の優秀な整備士の中から1名の日本代表選手が決定した。

そして10月17日(水)に19の国・地域からなる21名の優秀な整備士達が、静岡・磐田のヤマハ発動機本社に集結し、世界一の整備士を決める大会がWTGP2018。日本製オートバイが持つ“魅力”や“本当の価値”が、世界から再認識される大会でもある。

以下プレスリリースより


この大会は故障診断競技とお客様対応競技の2種類から成り立ちます。大会で優勝するためには、「高い整備技術」、「わかり易い説明」、「感動する対応」の3つの条件を欠かすことができません。これらは即席ではなく、普段の仕事から身に付けていくものなのです。

ヤマハ発動機は、WTGP2018を通じて、二輪整備士により高いモチベーションとさらなるスキルアップの喚起を促すだけではなく、素晴らしい整備士がヤマハのバイクを扱う整備士であり続けることによりヤマハの顧客満足度の向上、さらにはアフターサービスの重要性を数多くの方に知っていただき、二輪業界全体の活性化、二輪整備士の地位向上に貢献します。

兼ねてから、日本製オートバイの「信頼性」の高さは世界中から評価されています。WTGPはYTA認定整備士かつヤマハの二輪取り扱い店であれば誰でも参加ができます。さらにこのような世界規模の大会は国内の二輪メーカーでは本大会のみなので、WTGPを知っていただければ、日本ブランドを代表する一つでもある日本製オートバイだから持つ“魅力”や“本当の価値”をご理解いただけると考えます。

開催概要

■大会名称

WORLD TECHNICIAN GRAND PRIX 2018
※通称WTGP2018
(ワールドテクニシャングランプリ2018)

■開催日時

2018年10月17日(水)

■開催時間

9:00~16:40

■会場

ヤマハ発動機株式会社(静岡県磐田市新貝2500)

開閉会式:コミュニケーションプラザ3F
競技:YTAグローバル教育センター

■競技内容

1. 故障診断競技 :不具合想定車両での的確な故障診断と修理技術
2. お客様対応競技:納車時における修理結果の説明および純正部品の訴求を含めたアドバイス

■競技クラス 2クラス制

スポーツモデルクラス/コミューターモデルクラス

■目的

ヤマハ二輪整備士のスキルアップの喚起およびモチベーションの向上による顧客満足度向上を図る。また二輪業界全体の整備士の地位向上を目指す。

■大会スケジュール(予定)

9:00~開会式
(代表取締役 副社長執行役員 渡部 克明からの開会挨拶、競技説明、選手宣誓、開会宣言)

10:00~午前競技開始
(故障診断競技、お客様対応競技)

13:00~午後競技開始
(故障診断競技、お客様対応競技)

16:00~表彰式
(執行役員 CS本部長 田中 康夫による講評、優勝者インタビュー、代表取締役社長 社長執行役員 日高 祥博(※2)による総評、記念撮影)

16:40終了

※1 “One to One Service(プロの整備技術でひとりひとりのお客さまとのより良い関係づくり)”を合い言葉に、「世界中のヤマハ販売店で、どこでも均一で高品質なサービスが受けられること」を目的に掲げ、独自の世界統一基準によるサービスマン教育プログラム「YTA(ヤマハ・テクニカル・アカデミー)」を2000年より推進しています。2018年7月現在、すでに46拠点・約34,000人がYTA認定整備士としての資格を有し、各国地域で活躍しています。

※2 「高」は正しくは「はしごだか」

ヤマハ ワールドテクニシャングランプリ2018 大会告知動画

「WTGP2018」特設サイト

https://global.yamaha-motor.com/business/mc/wtgp2018jp/

参考:前回大会(2016年)の様子

■大会概要

名称:YAMAHA WORLD TECHNICIAN GRAND PRIX 2016
日程:2016年10月12日
会場:ヤマハ発動機株式会社 コミュニケーションプラザ/YTAグローバル教育センター(静岡県磐田市)
参加者:21ヵ国21名

■スポーツモデルクラス優勝

鮫島 遼平

img_163705_5

ディーラー名:YSP川崎中央
国名:日本
※日本人の優勝は2003年の第2回大会以来、13年ぶり

■コミューターモデルクラス優勝

Jignesh Girishkumar Rana

img_163705_6

ディーラー名:PLANET AUTOMOBILES
国名:インド
※インドは現在2大会連続で優勝中

■大会の様子

2016年の様子

参考:WTGP参加人数/国数の推移

2018年7月現在、46拠点・約34,000人がYTA認定整備士としての資格を有し、各国地域で活躍しています。第8回目となる今大会は、34,000人の頂点が決まる世界大会となっています。

推移

img_163705_7

WTGP

img_163705_8

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. キャンプツーリングにオススメバイク特集第2弾!! ウェビックユーザーがオススメする【キャン…
  2. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
  3. SHOEIは、「Z7」ヘルメットのニューグラフィックモデルを12月に受注限定で発売することを…
  4. ’04年にZ750がデビュー。’13年にZ800へと進化したZシリーズのミドルモデルが、昨年…
ページ上部へ戻る